ケンセツクエスト~建設界の神々~

【伝説の職人】に【あこがれの所長】や【幻の秘書】など・・・建設業の職業紹介!

上水道の普通監督!【上水道専門の技術者】と呼ばれる職業を説明!

f:id:panboku409:20171226185948p:plain

「深く・深く・さらに深く。専門性を極めた技を持つ者!」

 

・上水道専門の技術者とは?

公共の上水道工事の「現場責任者」といえる監督のお仕事。

上水道工事というのが専門職であり、狭く、深い知識が必要である。

そして、

水道業者同士が話す、その水道用語は、一般人には【外国語】に聞こえると言われる。

 

・ほかの上水道工事の職業も見てみるか!

社長で普通【公共水道の社長】

役員で普通【切れ者の部長】

監督で普通【上水道専門の技術屋】

職人で普通【ベテラン配管工】

運転手で普通【開削工のオペレータ】

作業員で普通【ふつうの人夫】

作業員で初級【はじめての見習い】

 

 

1.職業(上水道専門の技術者の仕事)

上水道の「普通監督」の基本的な内容の解説。

 

基本ステータス

名前:上水道専門の技術者

LEVEL:15

HP:45

MP:35

経験値:5475(次のレベルまであと365)

 

業界:建設業

種族:土木系

業種:上水道工事業

職業:監督(正式名:主任技術者)

階級:普通の位

 

おもな仕事と思われる内容

基本の設計図から「管割図」と呼ばれる、施工に必要な図面を書く作業。

工事にかかわる水道管の材料の手配と、施工に必要な人員、道具の手配。

工事の発注者や、元請け業者との打ち合わせ、立会い。

 

 

2.能力(上水道専門の技術者の強さ)

上水道の「普通監督」に必要な、いろいろな基本能力値と解説

総合能力値:37ポイント(60ポイント中)

 

ちから(力)

力: 5 ☆☆☆☆☆

図面を書くだけではなく、配管作業も出来なければならない。

 

うでまえ(技前)

技: 8 ☆☆☆☆☆☆☆☆

CADを操り、配管図を描く技術がいる。

 

たいりょく(体力)

体: 5 ☆☆☆☆☆

そこそこの体力は必要。現場作業もするだけに。

 

かしこさ(賢さ)

賢: 9 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「管割図」と呼ばれる図面、数量表を書くのに、数字に強くなければダメ。

 

ざいりょく(財力)

財: 5 ☆☆☆☆☆

監督クラスになると、正社員となり、給料も上がる。年収400万円以上。

 

こころのつよさ(心の強さ)

心: 5 ☆☆☆☆☆

「監督業」という責任のある仕事に、楽なことはない。

 

 

3.装備(上水道専門の技術者の持ち物)

上水道の「普通監督」が装備できる武器、防具、その他の種類

 

ぶき(武器)

専用の武器:水道専用のCAD

普通の武器:水道部材のカタログ

 

ぼうぐ(防具)

防具(頭):監督らしいヘルメット

防具(手):高い作業用軍手

防具(体):監督らしい作業服(水色)

防具(足):半長靴の安全靴

 

そのた(その他)

装飾品1:青色のスプレー

装飾品2:測量テープ

乗り物:ラックのついた軽の箱バン

 

 

4.特技(上水道専門の技術者の得意技)

上水道の「普通監督」が、経験を積むことにより覚えるスキル・技、それと奥義。

 

覚えなくてはならない基本技

LV1:管割図(図面技)

基本の設計図から、配管に使う材料を拾い出し、施工図を描く技。水道の材料名や、寸法が頭に入ってないといけない。

 

LV2:上水道のCAD(図面技)

上水道専用のCADをあやつる技。配管図を描くと、数量の拾い出しまで出来るという、大幅な時間短縮ができる優れた技。

 

LV3:都合のいい嘘(話技)

下請け工事ということで、工程がラップすることが多い。そこで、元請けさんに適当な「うそ」をつき、乗り込み時期の工程を変えてもらう「ズルい」技。嘘がバレると、少し危険な技である。

 

できれば覚えたい特殊技

奥義:水神様の段取り

上水道工事には欠かせない、カッター屋、材料屋、舗装屋、警備員と、自分の都合がいいように、各業者の手配ができる奥義。まさに水神様のご加護がある技であり、実際にもあってほしい奥義。

 

 

5.特長(上水道専門の技術者の性格)

上水道の「普通監督」の良いところ、悪いところ、などなど。

 

良いところ

専門職ということで、公共水道に関して深い知識を持てる

公共水道というのは、特殊で、せまく深い職業なので、求人が多い。

 

悪いところ

心配事が多い。(水道管の寸法、材料の手配、人員の手配など)

下請け工事が多いので、とにかく忙しい。

 

社会的地位

「メタルカラー」と呼ばれる、技術屋の中流階級で、その上級に位置する上水道の監督。やはり、監督というのは地位が高い。

 

生き残り

この世に「水」がある限り、上水道の監督業はなくならないだろう。人工知能も無理だろう。外国人も無理だろう。作業員にも無理だろう。

 

 

6.転職(上水道専門の技術者のその後)

この職を極め!進化し!転職せよ!

 

まずは・・・

【上水道専門の技術者】上水道の普通監督になり、職を極めよう。

なりかた1:現場経験が10年以上。

なりかた2:パソコンを使った作業が得意。

なりかた3:「いち」現場の作業員として終わりたくない。

 

そのあと・・・

レベルを上げて【水神の技術者】と言われる上級職に進化しよう!!

なれる条件1:経験年数が20年を超えた。

なれる条件2:現場を見るだけで、「設計図面」が頭に浮かんでくる。

 

さらに・・・

さらなる高みを目指し、ほかのジョブへと転職!!

おすすめの転職先:仕事内容が、同じ仕事のようで異なる【建築設備の監督】を目指す。

おすすめの転職先:仕事内容が、異なるようで似ている【土木の監督】に転職。

おすすめの転職先:上水道よりワンランク上の【下水道の監督】になる。

 

 

7.総括(上水道専門の技術者のまとめ)

そうかつという名の感想。

 

まとめてみた

上水道の監督・・・

この職業は【緻密】ちみつの一言に尽きる。

膨大な数の水道資材の材料と、施工する人員、道具を、可もなく不可もなく手配し、工事の進捗に応じて段取りをしなければならない。

ただ、

はっきり言って、

水道の監督は、「めんどくさい」の一言である。

繊細かつ、緻密な施工管理をしたい方は、上水道工事の監督が適任である。

 

ほかの上水道工事の職業を見てみる。 

 

 繊。