ケンセツクエスト~建設界の神々~

【伝説の職人】に【あこがれの所長】や【幻の秘書】など・・・建設業の職業紹介!

特定土木の普通作業員!【土木雑工の人夫】と呼ばれる職業を攻略!

f:id:panboku409:20171230101250p:plain

「掃除・片付けの専門職!そして雑用係の作業員!」

 

・土木雑工の人夫とは?

ゼネコンの土木会社に所属していて、雑用を専門に取り扱う作業員のこと。

受注した工事のほとんどを【外注】と呼ばれる下請け業者に任せるので、自社の職員は、施工管理だけの仕事となる。

その中の【土木雑工の人夫】は、直接的に工事に関わることがない!

雑用や手伝いなどの気楽な仕事内容だ。

まぁ、

簡単に言うと「工事現場の倉庫番」的存在である。

 

・ほかの特定土木工事の職業も見てみる。 

監督で神級【スーゼネの神所長】

監督で上級【ICT土工の技術者】

監督で普通【一土施技士の現場員】

監督で初級【使いパシリの土木現場員】

作業員で普通【土木雑工の人夫】

 

 

1.職業(土木雑工の人夫の仕事)

特定土木の「普通作業員」の基本的な内容の解説。

 

基本のステータス

名前:土木雑工の人夫

LEVEL:5

HP:25

MP:10

経験値:1825(次のレベルまであと365)

 

業界:建設業

種族:土木系

業種:特定土木工事

職業:作業員(正式名:普通作業員)

階級:普通の位

 

おもな仕事と思われる内容

土木工事の現場内の清掃、片付けなどの雑用係。

測量時のスタッフ持ち、レンズ持ち、テープ持ちの作業。

出来形管理の手伝い、写真管理の手伝い。

安全管理の看板立てや、掲示板の設置。

あとは、

ちょっとした資材や道具の運搬。

 

 

2.能力(土木雑工の人夫の強さ)

特定土木の「普通作業員」の色々な基本能力値と解説

総合能力値:20ポイント(60ポイント中)

 

ちから(力)

力: 3 ☆☆☆

掃除、片付けなどの雑用が主であり、力はそんなにいらない。

 

うでまえ(技前)

技: 3 ☆☆☆

腕があるのに越したことはないが、あまり必要ではない。

 

たいりょく(体力)

体: 3 ☆☆☆

そこそこの体力があれば良い。

 

かしこさ(賢さ)

賢: 5 ☆☆☆☆☆

ゼネコン会社の作業員ということで、賢さは必要である。

 

ざいりょく(財力)

財: 3 ☆☆☆

会社が大きいので、給料も良い。しかも、正社員になれる確率が高い。

 

こころのつよさ(心の強さ)

心: 3 ☆☆☆

片づけが主であるために、責任や心配事がほとんどない。

 

 

3.装備(土木雑工の人夫の持ち物)

特定土木の「普通作業員」が装備できる武器や防具、その他の種類

 

ぶき(武器)

専用の武器:新品の竹ほうき

普通の武器:新品の角スコップ

 

ぼうぐ(防具)

防具(頭):シールの張られたヘルメット

防具(手):半分ゴムの手袋

防具(体):こぎれいな作業服

防具(足):編み上げ式の安全靴

 

そのた(その他)

装飾品1:新品のくぎ袋

装飾品2:新品の釘抜ハンマー

乗り物:なにも載ってない軽トラック

 

 

4.特技(土木雑工の人夫の得意技)

特定土木の「普通作業員」が、経験を積むことにより覚えるスキル・技、それと奥義。

 

覚えなくてはならない基本技

LV1:現場整頓術(手技)

雑工作業員の基本的な技で、現場出入り口の掃除や現場内のゴミ拾いなどの整頓技。この技を会得した者は、現場監督に言われる前に動くと言われる。

 

LV2:測量補佐術(手技)

現場監督が現場を測量して、丁張を掛けるときの手伝い技。レベルのスタッフ持ちや杭木の打ち込み、丁張板の取り付けなどの技がある。

 

LV3:時間調整術(手技)

与えられた作業が3時に終わる作業であっても、5時まで時間をかけて終わらせる、雑工の作業員特有の技。監督にバレないように、気を付けないといけない危険な技である。

 

できれば覚えたい特殊技

奥義:一級土木作業員の書(奥義書)

土木工事業界に古くから伝わる、今では存在しない伝説の奥義書。この書物には、土木の現場監督が理想とする、土木作業員の言葉遣いや作業の動き方などを、こと細かに書かれていると言われる。

 

持っていたい資格や免許

免許:普通自動車運転

建設業界のすべての作業員に言えることだが、車の運転免許を持っていないことには話にもならない。しかもAT車限定も使えない。

 

 

5.特長(土木雑工の人夫の性格)

特定土木で「普通作業員」の良いところ、悪いところ、などなど。

 

良いところ

ゼネコン会社だけに待遇が良く、作業も簡単な仕事が多いので楽である。

むずかしい作業が嫌いな人には向いている。

 

悪いところ

求人が少なく、この職業に就くこと自体難しい。

一般常識レベルの賢さが求められる。

 

社会的地位

会社の規模も大きく、大規模の土木工事が多いので、「ブルーカラー」と呼ばれる、下級階級ではあるが地位は高い。そして、一般の土木作業員よりは「待遇」が良い。

 

生き残り

一度就職して正社員になってしまうと、こっちの物である。会社が大きいだけに、クビにはなりにくい。

 

 

6.転職(土木雑工の人夫のその後)

この職業を極め!進化し!転職せよ!

 

まずは・・・

特定土木の普通作業員である【土木雑工の人夫】になり、職を極めよう。

なりかた1:確率は低いが、求人情報誌で探してみる。(なれる確率10%)

なりかた2:知り合いのゼネコン会社に勤める監督に、お願いしてみる。(なれる確率50%)

なりかた3:神様にお願いする。(なれる確率0.001%)

 

そのあと・・・

上級職の作業員【土木雑工のプロ】と呼ばれる職業に進化する!

なれる条件1:現場経験が10年以上ある。

なれる条件2:色々な土木工事の工種を覚える。

なれる条件3:一級土木作業員の資格を取得する。

 

さらに・・・

さらなる高みを目指し、ほかの【ジョブ】へと転職!!

おすすめの転職先1:雑工という職業を極めるため【ゼネコン建築工事の作業員】になってみよう!

すすめない転職先2:一般の小規模な【土木工事の作業員】は、やめておいた方がいいだろう。

 

 

7.総括(土木雑工の人夫のまとめ)

そうかつという名の感想。

 

まとめてみた

土木雑工の人夫と呼ばれる特定土木工事の作業員・・・

直接的に工事に関わる作業は少なく、監督の手伝いや掃除片付けが主な仕事である。

一般の土木作業員とくらべると、人力で穴を掘ったりしないので、大変「楽」な職業だ。

しかし、

ゼネコン会社に就職するのが大変で、なかなか社員になることができない。

まぁ、できれば目指してみては、いかがでしょうか・・・

 

ほかの特定土木工事の職業を見てみる。 

 

高。