ケンセツクエスト~建設界の神々~

【伝説の職人】に【あこがれの所長】や【幻の秘書】など・・・建設業の職業紹介!

土工の初級運転手!【オペレータの見習い】の作業内容!

f:id:panboku409:20180107125142p:plain

 

「陸上のパイロット~THE~建設機械操縦士の卵!」

 

・オペレータの見習いとは?

土工事専門の会社の門を叩き、初めて仕事をする、見習いの運転手。

バックホウやブルドーザー、大型重ダンプなどの、機械運転だけが仕事の専門職!

まさに、

子供のころに憧れていた、建設機械の操縦士(パイロット)だ!!

 

・ほかの土工工事の職業も見てみる。 

監督で普通【重機屋の責任者】

運転手で上級【ICT土工のオペレータ】

運転手で普通【重機屋のオペレータ】

運転手で初級【オペレータの見習い】

作業員で普通【重機屋の人夫】

 

 

1.職業(オペレータの見習いの仕事)

土工の「初級運転手」の基本的な内容の解説。

 

基本のステータス

名前:オペレータの見習い

LEVEL:1

HP:20

MP:0

経験値:0(次のレベルまであと365)

 

業界:建設業

種族:土木系

業種:土工工事業

職業:運転手(正式名:特殊運転手)

階級:初級の位

 

おもな仕事と思われる内容

見習いの運転手の作業は、そのほとんどが、建設機械の操縦であるが、単純作業ばかりである。

その内容は、

バックホウを使っての、土砂の掘削、積み込み作業。

ブルドーザーを使っての、土砂の押土、整地作業。

ダンプトラックを使っての、運搬作業。

そして、

そのほとんどの作業が、「睡魔」との戦いだ!

 

 

2.能力(オペレータの見習いの強さ)

土工の「初級運転手」に必要な、色々な基本能力値と解説

総合能力値:17ポイント(60ポイント中)

 

ちから(力)

力: 3 ☆☆☆

重機の操作レバーを動かせる力があれば良い。

 

うでまえ(技前)

技: 5 ☆☆☆☆☆

建設機械の運転という名の「センス」が求められる。

 

たいりょく(体力)

体: 3 ☆☆☆

体力はいらない。ほとんどの作業は、機械がやってくれる。

 

かしこさ(賢さ)

賢: 2 ☆☆

賢さもいらない。見習いの作業は、そのほとんどが、繰り返しばかりだ!

 

ざいりょく(財力)

財: 1 ☆

見習いだけに、給料も安い。日給制で8000円から9000円程度。

 

こころのつよさ(心の強さ)

心: 3 ☆☆☆

多少の心の強さは必要だ。繰り返しの単純作業に耐える強さが・・・

 

 

3.装備(オペレータの見習いの持ち物)

土工の「初級運転手」が装備できる武器、防具、その他の種類

 

ぶき(武器)

専用の武器:0.7m3のバックホウ

普通の武器:0.3m3のバックホウ

 

ぼうぐ(防具)

防具(頭):傷一つないヘルメット

防具(手):新品の運転用グローブ

防具(体):折り目のついた作業服

防具(足):新品の安全靴

 

そのた(その他)

装飾品1:台数集計用のカウンター

装飾品2:手動のグリースポンプ

乗り物:バケットが積める軽トラック

 

 

4.特技(オペレータの見習いの得意技)

土工の「初級運転手」が、経験を積むことにより覚えるスキル・技、それと奥義。

 

覚えなくてはならない基本技

LV1:建設系運転操作(腕技)

まずは、数多くある、建設機械の操作方法を覚えることだ!バックホウや、ブルドーザーなどを運転できないと、使い物にならないぞ。

 

LV2:BH積み込み(操作技)

0.7m3級のバックホウを操縦して、土砂を10tダンプトラックに積み込む技。「すくっては積み、すくっては積み」の繰り返しである。

 

LV3:重ダンプ(操作技)

30t超の大型ダンプトラックを操作し、土砂を運搬する技。現場内の運転なら、車両系建設機械(整地等)の資格で運転できる。

 

できれば覚えたい特殊技

奥義:1級建設機械施工技士(資格技)

建設機械系のトップに君臨する国家資格。この資格を持つことにより、「特定自主検査」を行う検査員になれる。

 

 

5.特長(オペレータの見習いの性格)

土工の「初級運転手」の良いところ、悪いところ、などなど。

 

良いところ

大型の建設機械の運転席は、乗用車クラスの快適性がある。

力仕事が一切なく、すべての作業を機械で行うので、楽である。

 

悪いところ

最初の内は、掘削した土砂の積み込み作業だけ、などの単純作業が多い。

一日中機械の運転のみであるので、時折「睡魔」に襲われる。

重機の足場が悪いと、腰痛に苦しめられる。

 

社会的地位

機械土工の運転手ということで、土木の作業員よりは格上にみられるが、現実は、さほど変わりはない。ブルーカラーだ!

 

生き残り

見習いの内は、早く重機の操作技を覚えないと、生き残れない。練習あるのみ。

 

 

6.転職(オペレータの見習いの将来)

この職業を極め!進化し!転職せよ!

 

まずは・・・

土工の初級運転手で【オペレータの見習い】から始めよう。

なりかた1:車両系建設機械(3t以上)の資格を取る。

なりかた2:バックホウの運転操作を習得する。

なりかた3:土砂をダンプトラックに積み込める。

 

そのあと・・・

修業を行い、普通の位の【重機屋のオペレータ】に進化しよう!

なれる条件1:経験年数が10年を超えた。

なれる条件2:のり面の切り取りや盛土整形ができる。

なれる条件3:大きな建設機械が大好きだ!

 

さらに・・・

さらなる高みを目指し、ほかのジョブへと転職!!

おすすめの転職先:転職するには、まだまだ早い!もう少し、今の職業で経験を積もう!

 

 

7.総括(オペレータの見習いのまとめ)

そうかつという名の感想。

 

まとめてみた

「土工」工事の運転手と、「土木」工事の運転手との違いは、土工の仕事のほとんどが、重機の運転作業である。

土木の運転手のように、重機に乗りながら、人力作業をしたりはしない。

そして、

工事の規模が大きく、現場も大きいので、機械の大きさも大きい。

土木の土工専門の会社で腕を磨き、日本一の「オペレータ」を目指そう!!

 

ほかの土工工事の職を見てみる。 

 

 巨。