ケンセツクエスト~建設界の神々の職業を求めて~

【伝説の土木職人】に【あこがれの現場所長】や【幻の事務員秘書】など・・・さまざまな建設業の業種と職業の紹介!

【土工工事業】赤泥色のシビル・アースワークとは???

f:id:panboku409:20180110201250p:plain

「土を掘る業のみを極めた機械集団!」

 

・赤泥色のシビル・アースワークとは?

土木系の種族に属し、土木工事の工種の内「土工」のみを、専門の生業とした組織のこと。別名、会社ともいう。

建設機械の運転作業が得意であり、バックホウ、ブルドーザー、ダンプトラックを操り、ありとあらゆる土、泥、石、岩を削っていくのが、本来の業務である。

その名の通り【土】系の属性を持ち、【赤】の色を好むと言われる。

 

 

1.任務~土工工事の仕事~

【土工工事業】という任務を遂行する者の仕事内容など。

 

基本情報

業界:建設業 0301

種族:土木系

業種:土工工事

許可の規模:一般

許可の種類:と

 

土工工事業の特長

建設機械を使い、大地のありとあらゆるところを掘りまくる仕事。

その施工範囲は、日本中の土地を造成しまくるという。

河川

海岸

砂防

ダム

道路

公園

空港

鉄道

の土工事を一手に引き受ける業種だ!

 

メインとなる土工工事の種類と割合

その工事のほとんどが、大型の土木で、その中の「土」をメインに仕事を遂行する。

大規模なダムの土工:20%

大規模な開発造成:20%

大規模な圃場整備:20%

道路、河川の土工:20%

その他土工いろいろ:20%

 

公共工事と民間工事の比率

そのほとんどが、ダムや、都市の造成、空港などの大型インフラ整備なので、公共工事が主である。

公共工事の比率:95%

民間工事の比率:5%

 

元請けと下請けの割合

受注のほとんどが、土木工事の工種の「土工」を請け負った下請けであるため、元請けになることはない。

元請け率:10%

下請け率:90%

 

自社施工と外注施工の割合

工事の受注のほとんどが下請け工事のため、直営施工が基本である。しかし、どうしても人手が足らないときは、外注にお願いする。

自社施工率:90%

外注施工率:10%

 

 

2.基地~土工会社の能力~

それでは土工の会社内部を格付けしてみた!

 

規模力:Aランク

会社の規模としては、作業員、監督に比べ、運転手の割合が多くなる。運転手だけでも10~20名の規模だ。

 

設備力:SSランク

重機の保有台数に関しては、建設業界の中でも、トップに君臨する設備力を持つ。ゆえに、お金も相当かかる。

 人員力:Aランク

この土工の業種は、運転手がいなければ、仕事にならない業種なので、大人数の運転手を抱えなければならない。

 

資金力:SSランク

何十台にも上るバックホウ、ブルドーザー、ダンプなどを養うには、「はした金」では、できはしない。莫大なる資金が必要。

 

総合力:Cランク

総合な施工能力は、最も最低なCランクの位であり、土工事以外は、苦手な分野とする。

 

専門力:SSランク

その破壊力はズバ抜けており、土木工事の中の、土工における土の掘削、運搬、埋め戻しについては、ほかの業者の追随を許さない!

 

 

3.組織~土工業者の系譜~

土工の任務を【遂行】するのに必要な職業と階級を紹介!

 

土工の監督(現場系)

現場の管理をするまとめ役であり、重機の手配などの段取りをする人で、いくつもの現場を掛け持つ。監督と呼ばれるが、実際は職長の位である。

普通監督の【重機屋の責任者】

 

土工の運転手(現場系)

建設機械のオペレータのことで、バックホウなどを操作して土を築造する。彼らがいないことには、仕事にすらならない。

上級運転手の【ICT土工のオペレータ】

普通運転手の【重機屋のオペレータ】

初級運転手の【オペレータの見習い】

 

土工の作業員(現場系)

土工の現場で、補助的な役割を持つ、手元が得意の作業員。実質的な作業には関与しない。

普通作業員の【重機屋の人夫】

 

 

4.資格~土工の業に必要な証~

土工工事の【業】を使うにあたり最低限必要な免許や資格!

 

建設業の許可

500万円以上の土工工事を請け負うのに必要な許可で、この許可を持たないことには、掘ることすら許されない。

5.とび・土工工事業(専門)

 

施工管理系の資格

下請け工事で責任者になるのに、10年以上の実務経験でも事足りるが、できれば持っておきたい土木、機械の資格。位は2級でも十分だ!

土木施工管理技士(国家資格)

建設機械施工技士(国家資格)

 

現場作業系の資格

建設機械運転の花形資格。土工屋の場合、この資格だけでも十分に通用する。ちなみに車両系の場合3t以上でないと、務まらない。

車両系建設機械の整地等用(技能講習)

ローラーの運転(特別教育)

 

作業主任者系の講習

掘削面の高さが2mを超えるときに、頼りになる資格。重機屋たる者はぜひ、取得しておきたい技能講習の一つ。

地山の掘削作業主任者(技能講習)

 

自動車系の免許

普通自動車の運転免許はもちろんのこと、重機屋を目指す者は、大型自動車の運転免許は持っておきたい。

普通自動車運転(免許)

大型自動車運転(免許)

 

 

5.格納庫~大きな機械の倉庫~

土工工事の【武器】であり、最も活躍する建設機械や工事車両の種類!

 

土工専用機

重機屋専用の建設機械で「ICT土工」の技術を発揮するマシン達。自動制御を武器に、近未来的な工事現場を演出する。

MG/MC仕様のバックホウ

MG/MC仕様のブルドーザー

MG/MC仕様の転圧ローラー

30t超の重ダンプ

 

土工汎用機

ほかの業種でも使われる建設機械。しかし、建設業界で一番バックホウを使うのは、土工工事の業者である。

スタンダードなバックホウ

スタンダードなブルドーザー

土工用の転圧ローラー

 

土工小型機

構造物の埋戻時に威力を発揮する、小型の転圧機械。現場の規模が大きい場合には、あまり使われることはない。

振動ローラー

タンピングランマ

プレートコンパクター

 

工事車両系

土工の積込運搬、残土処理の作業で活躍する運搬車両。規模が大きいと、公道を走っての土砂運搬には欠かせないダンプトラックである。

10tダンプトラック

 

 

6.道具箱~小さな工具の小物入れ~

土工工事には欠かせない【小道具】の数々!

 

工具系の道具

土工の現場では、人力で使う工具は、あまり使用しない。というよりは、現場が「デカすぎて」人力では、とても追いつかない。

剣型スコップ

かき板

工具セット

 

測量系の道具

一般に土工の工事現場で使う、測量機器の数々。土木で使う道具と、あまり変わらないのが特長。特に、圃場整備の土工では、勾配仕様のレーザーレベルが活躍する。

一般的なオートレベル

普通のレーザーレベル

勾配仕様のレーザーレベル

プリズム式のトータルステーション

樹脂製の巻き尺

勾配器、水平器

 

 

7.まとめ~要約してみる~

土工工事の業(わざ)と言うものを、まとめてみました。

 

感想を書いてみる。

土工工事とは・・・

土木工事とよく間違われることが多いが、「土木工事」とは、土木の構造物を作ることが目的であり、「土工工事」とは、土木工事の中の土工と言われる「工種のみ」を専門に扱った業種である。

そして、

子供たちが、最も憧れる職業の「ユンボの運転手」であり、陸上のパイロットなのだ!

知識とか、頭脳とか、頭の良さは、関係ない!

己の「勘」と「経験」のみで、生きていける業種です!!

 

 

 泥。