ケンセツクエスト~建設界の神々の職業を求めて~

【伝説の土木職人】に【あこがれの現場所長】や【幻の事務員秘書】など・・・さまざまな建設業の業種と職業の紹介!

下水道の普通監督!【下水道専門の技術者】が登場します!

f:id:panboku409:20180114204704p:plain

「1mmも誤差も許されない!地中にパイプを通す者!!」

 

・下水道専門の技術者とは?

公共の下水道工事の施工管理を担当し、工事を完成させ、引き渡すまでを約束した者の事をいう。

簡単に言うと、「現場の責任者」である。

資材、機材の手配、現場の段取り、施工中の測量、写真撮影と責任が重い仕事が多いのが特徴だ!

 

・そのほかの下水道工事の職業も見てみる。 

監督で普通【下水道専門の技術者】

職人で普通【下水道の配管工】

運転手で普通【土留工の重機オペ】

作業員で普通【下水道の人夫】

 

 

1.職業(下水道専門の技術者の仕事)

下水道の「普通監督」の基本的な内容の解説。

 

基本のステータス

名前:下水道専門の技術者

LEVEL:10

HP:40

MP:35

経験値:3650(次のレベルまであと365)

 

業界:建設業

種族:土木系

業種:下水道工事業

職業:監督(正式名:主任技術者)

階級:普通の位

 

おもな仕事と思われる内容

着工前の事前測量(配管ルートや地盤高の確認、試掘調査)

配管材料の手配、重機や人員の手配(本管、支管の発注、バックホウの選定)

施工中の出来形管理(床掘~基礎材~布設~埋戻~路盤~仮舗装の管理)

施工中の写真管理(施工状況の撮影、出来形計測の撮影)

竣工前の検査準備(完成図面の作成)

あとは、

発注者や元請け業者への「愛想笑い」くらいかな。

 

 

2.能力(下水道専門の技術者の強さ)

下水道の「普通監督」に必要な、色々な基本能力値と解説

総合能力値:34ポイント(60ポイント中)

 

ちから(力)

力: 5 ☆☆☆☆☆

時には、現場での作業もあり、普通の作業員並みの力はいる。

 

うでまえ(技前)

技: 7 ☆☆☆☆☆☆☆

トランシット、レベルを据え付けるには、素早い操作技が必要。

 

・たいりょく(体力)

体: 5 ☆☆☆☆☆

監督ゆえに、必要ないと思われがちだが、普通作業員並みの体力は欲しい。

 

・かしこさ(賢さ)

賢: 5 ☆☆☆☆☆

角度の計算、勾配の計算、高低差の計算ぐらいは、できないといけない。

 

・ざいりょく(財力)

財: 5 ☆☆☆☆☆

監督クラスになると、正社員になれて、給料も高くなる。月給で30~40万円、年収で450~550万円ほど。

 

・こころのつよさ(心の強さ)

心: 7 ☆☆☆☆☆☆☆

かなり、精神力が必要な職業。1mに対して1mmの精度が求められる。とても「シビア」だぞ!

 

 

3.装備(下水道専門の技術者の持ち物)

下水道の「普通監督」が装備できる武器、防具、その他の種類

 

ぶき(武器)

専用の武器:角度測量のトランシット

普通の武器:高低測量のオートレベル

 

ぼうぐ(防具)

防具(頭):最新式のヘルメット

防具(手):少し高い軍手

防具(体):社名の入った作業服

防具(足):鉄入りの本革安全靴

 

そのた(その他)

装飾品1:下水道用のシステムCAD

装飾品2:測量用のシステムCAD

装飾品3:現場で使えるノートパソコン

乗り物:測量機材が積める箱バン

 

 

4.特技(下水道専門の技術者の得意技)

下水道の「普通監督」が経験を積むことにより覚えるスキル・技、それと奥義。

 

覚えなくてはならない基本技

LV1:パーミリ(測量技)

下水道工事の縦断図面で、独特の勾配の単位のこと。「%」パーセントの十分の一で表され、「%o」パーミリと言われる。(例:0.3%=3%o)

 

LV2:レベル測量

レベルを使っての丁張を掛ける作業技。読み間違うと、逆勾配になるので精密な測量技がいる。

 

LV3:トランシット測量

平面上の角度を測る技。しかし、最近はトータルステーションを使って、距離と角度を出せる。

 

できれば覚えたい特殊技

奥義:下水道責任者の証(資格技)

下水道排水設備工事責任技術者(公的資格)と呼ばれる、下水道の「指定業者」には、一人はいなくてはならない資格持ちの人。管工事などの資格に比べると、比較的簡単で、奥義と呼ぶほどの物でもない。

 

 

 

5.特長(下水道専門の技術者の性格)

下水道の「普通監督」の良いところ、悪いところ、などなど。

 

良いところ

工事が完成した時に、何とも言えない達成感がある。

責任者になりたい人にはもってこいの職業。

 

悪いところ

どんなことがあっても、下水管の勾配を変えることが出来ないため、設計通りの床掘で掘らなければならない。

検査時に、通水試験、通光試験があるので、「ごまかし」がきかない。

 

社会的地位

どこの業界でも、責任者と言われる職業は、いい人に見られやすい。確かに、下水道工事の施工班の中では、一番上の地位である。

 

生き残り

監督という、責任感たっぷりの仕事というのは、まずは「なくなることがない」とでも思っておこう。いくら、人工知能が発達しようとも、外国人労働者が増えようとも、その地位は「揺るがない!」。

 

 

6.転職(下水道専門の技術者の将来)

この職業を極め!進化し!転職せよ!

 

まずは・・・

下水道の普通監督で【下水道専門の技術者】から始めよう。

なりかた1:責任者という、一見楽そうな職業に憧れる。

なりかた2:下水道の工事を10年ほど経験した。

なりかた3:自分でも頭がいいほうだと思う。

 

そのあと・・・

修業を行い、上級の位の【下水道の責任技術者】に進化しよう!

なれる条件1:下水道排水設備工事責任技術者の試験に合格する。

なれる条件2:一級管工事施工管理技士の試験に合格する。

 

さらに・・・

さらなる高みを目指し、ほかのジョブへと転職!!

おすすめの転職先:施工は楽だが、管理が大変な【上水道の監督】の道を選ぶ。

おすすめの転職先:工程の段取りが、めんどくさい【機械設備の監督】の道を選ぶ。

 

 

7.総括(下水道専門の技術者のまとめ)

そうかつという名の感想。

 

まとめてみた

下水道工事の監督業務とは・・・

精密な測量技術を有する、この職業は、緻密な作業が得意な人には、向いていると思われます。

検査の時に、埋まっているので見えない「上水道工事」の検査と違い、鏡を使って管の中を検査する「下水道工事」は、ごまかしがききません。

なので、

大変高度な施工能力が求められます。

困難が得意な、そこのあなた!!

ぜひ、チャレンジしてみては、

いかが・・・

 

ほかの下水道工事の職業を見てみる。 

 

 緻。