ケンセツクエスト~建設界の職業を求めて~

【伝説の土方棒心】に【あこがれの現場所長】や【幻の事務員秘書】など…さまざまな建設業の業種と職業の紹介!

区画線工事の普通職人!【白線師:ラインマン】とは?この仕事の救世主?!

f:id:panboku409:20210218111050j:plain

「道路に絵描く、道しるべ!ライン屋のスター!」

 

白線師:ラインマンとは?

区画線工事における「花形」の職業で、ライン施工機と呼ばれる道路に線を引く機械の操縦士。

溶融式ペイント、加熱式ペイントと、様々技法を駆使し、道路にいろいろな夢を描き続ける。

さぁ、

一体何を描いているのか見てみよう!👇

 

 

 

1.職業(白線師:ラインマンの仕事)

区画線の「普通職人」の基本的な内容の解説。

f:id:panboku409:20210218111146j:plain

基本のステータス

前:白線師ラインマン

LEVEL:5(経験年数5年以上)

HP:30(肉体のつよさ)

MP:0(頭脳のつよさ)

経験値:1825(次のレベルまであと365日)

-----------

界:建設業

種族:土木系(専門業種)

業種:区画線(正式名:塗装工事業)

職業:職人(正式名:特殊作業員)

階級:普通の位

 

おもな仕事と思われる内容

f:id:panboku409:20210218111211j:plain

【白線引き(塗装)の仕事】

「手押しライナー」と呼ばれるライン施工機を使っての線引き作業。

「手引きライナー」と呼ばれるライン施工機を使っての線引き作業。

その作業内容のほとんどが、線を引くことだ!

 

気になる給料の中身

f:id:panboku409:20210218111225p:plain

【やとわれ方】

雇用形態:雇われ社員

会社と雇用契約を結んでいる労働者のこと。

いわゆる「雇われ従業員」のことで、一応社員ではあるが時間給で計算されるため、休みなど取りやすく、用事があったら意外と休めるが、もちろん給料はもらえない。

賃金形態:日給制

一日いくら?の「常用賃金」で、日給月給と呼ばれており、一日働いた時間により、一か月分の給料としてもらえる。ちなみに、残業は基本時給の1.25倍、休日夜間は1.5倍だ!

勤務形態:時間労働

一日8時~17時までの8時間労働(休憩1時間)で、休日が日曜日だけの年間52日の休みとなる。計算すると、年間313日(月26日)の出勤日数。

 

【きほんの給料】

給与:年376万円(月31.3万円)

日給は一日12,000円の日当がもらえる。

時給にすると1,500円で、建設界の普通作業員よりかなり高い賃金(作業員の1.5倍、キャバ嬢の半分ちょい)がもらえる。

計算すると、年間で年313日×12000円=376万円となる。月給は月26日×12000円=31.3万円なり。

残業:年11万円(月9000円)

区画線の工事の場合、国道や県道などの仕事が多いので道路使用許可の関係上、あまり残業はない。残業はあっても月5時間、年60時間程度。

計算すると、月5時間×1500円×1.25倍=9000円、年12ヶ月×9000円=11万円なり。

休出:年27万円(月23000円)

区画線工事の場合、国道の多くが夜間作業となるため、年10日ほどの夜間手当てが発生する。また、年度末になると日曜出勤が、年5日ほど発生する。

計算すると日12000円×15日×1.5倍=27万円なり。

賞与:年10万円(1回5万円)

ボーナスのこと。通常一般の会社では、年2回の賞与があるが、ほとんど期待できない。ごくまれに寸志として、5万円ほどもらえることがある。

手当:年0円(月0円)

通勤手当や携帯電話などの手当てのことで、ほとんど期待できないので無視。会社によっては通勤手当があることも・・・

※仮の給料

額面の年収424万円(月給35万円)

仮の給料とは、会社と雇用契約を結ぶ時の給料や、求人案内などに書かれている給料で「額面の給与」と呼ばれており、だいたいこんな感じになる。この金額が丸々手に入るわけでもないので、あしからず・・・

 

【ほんとの給料】

天候による休み:年-36万円(月-3万円)

区画線工事の場合、建設界最大の天敵「雨、雪、台風」があり、年間1割ほど現場で作業ができないので当然、休みとなる。

計算すると、天候による休みは年300日×1割=30日(月2.5日)となる。

連休による休み:年-18万円(1回-6万円)

1月の正月休み(5日間)、5月のゴールデンウイーク(5日間)、8月のお盆休み(5日間)の長期連休で、年間15日程度、建設業界では現場が休むことになる。

税金による搾取:年-78万円(月-6.5万円)

社会保険や雇用保険、所得税など、国にとられる税金で、給料総額の「約21%」が持っていかれる。

※真の給料

手取の年収292万円(月給24万円)

額面の年収424万円(月給35万円)

年間の差額 -132万円(月間-11万円)

実際に手元に残る手取りの給料は、休みや税金を差し引くと、これくらいになる。これが「真実の給与」です!!

 

※ケンセツクエスト調査班のかなり「テキトー」な計算方法で算出しています。悪しからず・・・

 

 

2.能力(白線師:ラインマンの強さ)

区画線の「普通職人」に必要な、色々な基本能力値を解説!

f:id:panboku409:20210218111246j:plain

つよさ(強さ)

総合能力値:27ポイント(60ポイント中)

0■■■■■■■■□□□□□□□□□□60

「力、技、体、賢、速、心」の6つの数値を集計した総合ポイント。数値が高いほど「強い」とか「すごい」とか「かっこいい」と思われる。

ちから(筋力)

力: 1 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆

腕力の強さのこと。ほとんどのライン施工機は、自走式なので力はいらない。

うでまえ(技前)

技: 6 ★★★★★★☆☆☆☆

操作技術の高さのこと。「まっすぐ線を引く」、「曲がる線を引く」と言う風に、ライン施工機を自由自在に操作しなければならない。

たいりょく(体力)

体: 5 ★★★★★☆☆☆☆☆

持久力の長さのこと。力を使わない分、一日中歩くという持久力はかなりいる。そして真夏のアスファルトの上は灼熱地獄なので、そこそこの体力はいる。

かしこさ(賢さ)

賢: 3 ★★★☆☆☆☆☆☆☆

頭の良さのこと。頭脳を使うことはない。ただただ線を引くのみ。

すばやさ(素早さ)

速: 7 ★★★★★★★☆☆☆

機敏な動きのこと。一日に何キロという距離を、競歩の速さで歩かなければならない。もたもたしていると日が暮れる。

こころのつよさ(心の強さ)

心: 5 ★★★★★☆☆☆☆☆

精神力の強さのこと。手直しきかずの「一発勝負」の作業だけに、ものすごい集中力が必要。作業中はずっとだ。

 

 

3.装備(白線師:ラインマンの装飾品)

区画線の「普通職人」が装備できる武器、防具、その他の道具。

f:id:panboku409:20210218111259j:plain

ぶき(武器)

【器具系】

塗装属性:手押しライナー

塗装属性:手引きライナー

塗装属性:ペイントハンドマーカー

抹消属性:ライン抹消機

ぼうぐ(防具)

【兜系】

頭の防護:反射テープが付いたヘルメット

【籠手系】

手の保護:絹の軍手

【鎧系】

体の保護:真っ白な作業服

体の装飾:高輝度反射ベスト

【甲掛系】

足の防護:鉄入りの運動靴

どうぐ(道具)

【腰袋系】

腰袋:なし

【道具系】

塗装:ナンバーテンプレート

【乗物系】

専用車:油圧ニーダ架装車(運転手)

 

 

4.特技(白線師:ラインマンの得意技)

区画線の「普通職人」が、経験を積むことにより覚えるスキル・技、それと奥義。

f:id:panboku409:20210218111323j:plain

覚えなくてはならない基本技

【ライン引き(操作技)】

難易度:4 ★★★★☆

ライン施工機と呼ばれる機械を、自由自在に操り「直線、曲線、文字」を道路上に描いていく技。手や足を器用に使い、操縦しなければならない。

【抹消(操作技)】

難易度:3 ★★★☆☆

ライン抹消機を使って既存の区画線を消していく技。少し簡単で地味だが、とても大切な作業である。

できれば覚えたい特殊技

【競歩の動き(足技)】

難易度:4 ★★★★☆

白線を描くとき、線を踏まないように編み出されたライン屋、独特の動き。常にどちらかの足が地面に接しており、足がつく瞬間に膝が曲がっていない足運び。なので全員姿勢が良い。

【白神のライン引き(幻技)】

難易度:4 ★★★★☆

己の眼と勘のみで線を引く、墨出しいらずの幻の奥義。この奥義を極めた者は、監督がチョークラインを引かなくてよくなる。しかし、現代ではあまり必要ではない。

持っておきたい資格術

【路面標示施工技能士(資格技)】

難易度:3 ★★★☆☆

唯一、区画線工事の技能士の資格で国家資格。この資格を持つことにより「塗装工事業」の専任技術者になれる。そして何より名前がかっこいい。

 

 

5.特長(白線師:ラインマンの性格)

区画線の「普通職人」の良いところ、悪いところ、建設界での階級などなど。

f:id:panboku409:20210218111345j:plain

良いところ

・ラインを引いているときは「花形の作業」をしている気分になれる。

・何もないアスファルトの上に、絵を描けるのが気持ちいい。(落書きはいけません)

悪いところ

・ただただ線を引く。ただただ文字を書く。だから、飽きっぽい人には向きません。

・作業中はずっと集中してなければならない。だから、落ち着きがない人には向きません。

社会的地位

・階級:メタルカラー(中流階級)の貧乏脱出層

「職人」であるだけに、業界内での地位は「メタルカラー」という専門技術を持った者である。が、一般人から見ると、作業員も職人も区別がつかないのが実状。

生き残り

ペイントの職人技を身に着けていれば、多少のことでは区画線会社を「クビ」にはならない。生き残る確率も断然高い。

 

 

6.転職(白線師:ラインマンの将来)

区画線の「普通職人」の職業を極め!進化し!転職せよ!

f:id:panboku409:20210218111358j:plain

まずは・・・

区画線の普通職人で【白線師:ラインマン】から始めよう。

・なりかた1:区画線の職人に成るべく、工事会社の門をたたく。

・なりかた2:見習いでもいいので雇ってもらう。

・なりかた3:ペイントハンドマーカーの操作方法を覚える。

そのあと・・・

現場の親分になるため、上級位で区画線の普通監督【白線匠:ロードライン・チーフ】に進化しよう!

・なれる条件1:路面標示施工技能士(国家資格)の資格を取得する。

・なれる条件2:路面標示の種類や寸法を、完全に暗記した。

さらに・・・

さらなる高みを目指し、ほかのジョブへと転職!!

・おすすめの転職先1:区画線工事の職人技は特殊すぎてほかの職業では生かせない。なので、転職しない方が得策かと思えます。

・おすすめの転職先2:施工機械は全く違うが、工事の流れは全体的に似ている【切断削孔の普通職人】なら、いけるかも?

 

 

7.総括(白線師:ラインマンのまとめ)

そうかつという名の感想。

f:id:panboku409:20210218111425j:plain

まとめてみた

ラインマン・・・

区画工事の人からすると花形職業らしい。

確かに、はたから見ると一番仕事をしてるように見える。

が、

実際には「監督」と呼ばれる下書きのプロフェッショナルが存在する。

チョークラインを使い、自在に墨を出す!

しかし、

心配はいらない。

この職人を極めていけば、いずれ監督にもなれる。

はず?

 

塗。

 

・ほかの区画線工事の職業も見てみる。 

普通監督の【白線匠:ロードライン・チーフ】

普通職人の【白線師:ラインマン】

普通作業員の【白線士:サポートマン】