ケンセツクエスト~建設界の神々~

【伝説の職人】に【あこがれの所長】や【幻の秘書】など・・・建設業の職業紹介!

【仮設土留工事業】赤岩色のアースオーガとは?どういう業種?

f:id:panboku409:20180210194003p:plain

「建設工事の皆様に、安全をお届けします!」

 

・赤岩色のアースオーガとは?

土木、建築にかかわらず、「大型基礎構造物」を作るのに、欠かせない、地山が崩壊するのを防ぐ、「盾」となる物を作る業者のこと。

「木、鉄、コンクリート」の中で、「鉄の盾」を作ることを生業とする。

そして、

構造物ができた後、その「鉄の盾」を壊すのも、重大な仕事の一つと言える。

その名の通り【岩】系の属性を持ち、なんとなくだが【赤】の色が好きそうだ!

 

 

1.任務~土留工事の仕事~

【土留工事業】という任務を遂行する者の仕事内容など。

 

基本情報

業界:建設業 0301

種族:土木系

業種:土留工事

許可の規模:一般

許可の種類:と

 

土留工事業の特長

本設ではなく、仮設工事の土留工を、主な仕事とする。なので、一度設置したら、撤去しに、行かねばならない。そこが、本設のみの杭工事との違いである。

そして、得意とする工法は以下に示す。

1.親杭横矢板工法

2.鋼矢板工法

3.地中連続壁工法

 

メインとなる土留工事の種類と割合

そのほとんどが、撤去を前提にした仮設工事で、本設に使う杭工事は、また、別業者の仕事だ。

鋼矢板工法による土留:70%

親杭横矢板工法による土留:20%

特殊な工法による土留:5%

その他いろいろ:5%

 

公共工事と民間工事の比率

感覚的に、公共工事が多いと思われます。

公共工事の比率:70%

民間工事の比率:30%

 

元請けと下請けの割合

専門職であるがため、そのほとんどが下請け工事である。

元請け率:0%

下請け率:100%

 

自社施工と外注施工の割合

ほぼほぼ、自社施工。確かに、土留専用機械を持っている会社は、少ないと思う。

自社施工率:90%

外注施工率:10%

 

 

2.基地~土留会社の能力~

それでは土留の会社内部を格付けしてみた!

評価が高い順に「SS、S、A、B、C」の5段階。

 

規模力:Sランク

かなりデカイ会社で、一般の土木会社の規模で、できるような工事でもない。従業員数20~30名で、事務員、役員も数多く存在する、会社の大きさだ。

 

設備力:SSランク

もちろん、業界きっての「トップクラス」の設備力を誇る。そして、その「保有力」は、仮設材などの資材から、油圧圧入機、クレーンに至るまで、数多くを格納している。

 

人員力:Aランク

建設機械を使った作業が多いので、型枠屋や、鉄筋屋のように、人員はそれほど要らない。一班4人いれば十分で、普通クラスである。

 

資金力:SSランク

設備投資に、たくさんのお金がいるため、ランクはSS級。サイレントパイラーにしても、一台で「億」を超える金が掛かると言われる。

 

管理力:Bランク

工事全体の、施工管理は苦手だが、こと仮設土留に関しては、見事な管理能力が期待できる。

 

専門力:SSランク

専門力も、ハンパない破壊力を誇る。土留専用機を操り、誰にも「まね」できない工事を、いとも簡単にやってのける。

 

 

3.組織~土留業者の系譜~

土留の任務を【遂行】するのに必要な職業と階級を紹介!

 

土留の監督(現場系)

土留工事の中で「現場の演出家」と言われている、現場員のこと。資機材の発注、工程調整、施工図作成と、暇そうに見える職業だが、案外忙しい。

普通監督の【仮設材の段取り係】

 

土留の職人(現場系)

土留工事の中で、「現場の名脇役」と、呼び名の高い、いぶし銀に光る職人たち。杭を打った後の「支保工」で、その力を発揮する。

普通職人の【重量鍛冶屋とび】

初級職人の【バイブロハンマーの操作係】

 

土留の運転手(現場系)

土留工事の中で、「現場の主人公」と言える、会社きっての稼ぎ頭。杭を「穿つ」ことに全力を注ぎ、作業を完成させる。そして、どの機械も、高価な物ばかりだ!

上級運転手の【クラッシュパイラー・オペ】

普通運転手の【サイレントパイラー・オペ】

普通運転手の【50tクレーン・オペ】

 

土留の作業員(現場系)

土留工事の中で、「現場のAD」と呼ばれ、業界に、その名を響かす人夫のこと。主に、手伝い、掃除、片付けなどの「雑務」を担う、現場に一人は欲しい作業員のこと。

普通作業員の【杭打ち屋の手元】

 

 

4.資格~土留の業に必要な証~

土留工事の【業】を使うにあたり、最低限必要な免許や資格!

 

建設業の許可

杭工事、仮設土留工事には欠かせない、以下の許可。土留工事の場合、一現場の工事代金が500万円を超えることが多いので、必ず必要となる。ちなみに、とび土工工事業の許可を持っていると、大概の土木の仕事はできる。

とび土工工事業(専門)

 

施工管理系の資格

土留工事唯一の管理系資格。しかし、持っているから「どうこう」と、なるわけでもないのだが・・・

圧入施工技士(国家資格)

 

現場作業系の資格

どの資格も、持っていないことには、仕事にならない物ばかりだ。運転手を目指す者は、特に。

移動式クレーン運転士(免許)

車両系建設機械の整地等用(技能講習)

小型移動式クレーン運転手(技能講習)

玉掛作業者(技能講習)

杭圧入引抜機運転(特別教育)

 

作業主任者系の講習

この資格こそ、土留工事屋の職人のために、ある資格と言える。職長を目指す「そこのアナタ!」。何がなんでも取得しよう!

土留め支保工作業主任者(技能講習)

 

自動車系の免許

土留工事業に従事する者、以下の運転免許は、持っておいても損はない。すべての免許に、チャレンジしてみよう!

普通自動車運転(免許)

中型自動車運転(免許)

大型自動車免許(免許)

大型特殊自動車免許(免許)

 

 

5.格納庫~大きな機械の倉庫~

土留工事の【武器】であり、最も活躍する建設機械や工事車両の種類!

 

土留専用機

あらゆる杭を打ちまくる、「土留専用杭打機械」。専用ゆえ、ほかの工種で、使うことは一切できない。一般では、あまり「お目にかかれない」非常に、珍しい機械たちである。

クラッシュパイラー杭打機

サイレントパイラー

バイブロハンマー

 

土留汎用機

一般機には、普段あまり見かけない、超大型50tクレーンや、ちょくちょく見かける、普通の25tクレーンが使用される。

50t級ラフテレーン・クレーン

25t級ラフテレーン・クレーン

 

土留小型機

職人たちに欠かせない、小型機。鉄骨屋が使う機械と、よく似ている。

溶接用ウェルダー

酸素アセチレンボンベ

 

工事車両系

土留専用機の運搬(基地~現場~基地)に使用され、活躍する回送車や、人員、機材を搬送するトラックなどがある。

道具運搬用トラック

機材回送用の回送車

 

 

6.道具箱~小さな工具の小物入れ~

土留工事には欠かせない【小道具】の数々!

 

工具系の道具

職人、作業員がよく使う道具で、鋼材の組立に使うものが多い。そして、やはり、鉄骨屋が使う道具と、よく似ている。

インパクトレンチ

スパナレンチ

ラチェットレンチ

溶接ホルダー

ガス切断機

 

測量系の道具

高度な測量はしない。基本的に、元請けの監督が、測量してくれるので、機材は不要。

レーザーポインター

コンベックス5.5m

鋼製テープ巻き尺

 

 

7.まとめ~要約してみる~

土留工事の業(わざ)と言うものを、まとめてみました。

 

感想を書いてみる。

土留工事とは・・・

建設現場の皆さんの命を守る、 「重要な仕事だなぁー」と、ぼくは思う。

そのおかげで、ぼくたちは快適に、安全な場所で作業ができる。

日本の安全神話は、嘘では無いらしい。

しかし、

仮設工事であることで、地図には残らない仕事でもある。

 

ぼくは、時々、こう思う。

ちょっぴり、「はかなくて」、「切ない」仕事かな・・・

 

 

 儚。