ケンセツクエスト~建設界の神々~

【伝説の職人】に【あこがれの所長】や【幻の秘書】など・・・建設業の職業紹介!

【圧送工事業】灰筒色のコンクリート・ポンプとは?どういう業種?

f:id:panboku409:20180225115128p:plain

「建設界の発展に大きく貢献したコンクリートのおくりびと!」

 

・灰筒色のコンクリート・ポンプとは?

建設界では、三大イベントの一つと言われる「生コン打ち」、その中で、主役ともいえるポジションの「ポンプ屋」。

コンクリートを「輸送」することだけに、特化した業者。

複数の業者が集まる中、「生コン屋のミキサー車」、「圧送屋のポンプ車」、「打設屋のコンクリート工」が、三位一体となり、建造物を創っていくのだ!

それと、

【混凝】系の属性を持ち、限りなく白に近い【灰】色の特性を持つ!

 

 

1.任務~圧送工事の仕事~

【圧送工事業】という任務を遂行する者の仕事内容など。

 

基本情報

俗称:灰筒色のコンクリート・ポンプ

業界:建設業 0301

種族:土木系

業種:コンクリート圧送工事

許可の規模:一般

許可の種類:と

 

圧送工事業の特長

ミキサー車から、型枠まで、コンクリートを「運ぶのみ」が仕事の業種。

ブーム車を使った圧送:「上空からの送り」が得意なポンプ車。高層階のコンクリート圧送に向いている。

配管車を使った圧送:「地面からの送り」が得意なポンプ車。長距離のコンクリート圧送に向いている。

 

メインとなる圧送工事の種類と割合

建築系、土木系の二種類しかなく、どちらも「半分半分」かな?

建築の建造物:45%

土木の構造物:45%

その他いろいろ:10%

 

公共工事と民間工事の比率

圧送工事の場合、公共工事でも民間工事でも、あまり関係はないが、半々ぐらいの割合だと思う。

公共工事の比率:50%

民間工事の比率:50%

 

元請けと下請けの割合

すべての圧送工事は、オール下請けで、元請け工事業者(ゼネコン)に、すべての受注を依存する。

元請け率:0%

下請け率:100%

 

自社施工と外注施工の割合

もちろん自社施工の100%で、外注に頼むことはない。

自社施工率:100%

外注施工率:0%

 

 

2.基地~圧送会社の能力~

それでは圧送の会社内部を格付けしてみた!

評価が高い順に「SS、S、A、B、C」の5段階。

 

規模力:Aランク

普通の会社の規模。事務所2~3人、現場5~10人ほどの大きさ。

 

設備力:Aランク

高価なポンプ車を、何台も保有しなければならないが、そのほかの設備は、何もいらない。

 

人員力:Bランク

ポンプ車1台に対して、2~3人ほどで現場を回るので、人員はあまりいらない。

 

資金力:Sランク

一台5000万円はするコンクリートポンプ車を、数台揃えなければいけない。かなりの初期投資、維持費、などと、費用が掛かる。

 

管理力:Cランク

全くない。現場を管理することはなく、指定された場所に、ポンプ車を据え付けるだけでよい。

 

専門力:Sランク

ほかの業種には、マネできない特殊能力を持つ。コンクリート打設には、この専門家に頼まざるを得ない。

 

 

3.組織~圧送業者の系譜~

圧送の任務を【遂行】するのに必要な職業と階級を紹介!

 

圧送の職人

生コン送りの最前線で戦う、勇気ある職人。「フレキシブルホース」を武器に、コンクリートを流し込むプロ。時には、作業員に間違われることもよくある。

普通職人の【フレキホースの筒持ち】

 

圧送の運転手

「ブーム技、配管技」を使いまくり、どんな場所にでも、コンクリートを運ぶプロ。圧送工事には、必ず必要な運転手。

普通運転手の【コンクリートポンプ・オペ】

 

圧送の作業員

どんな仕事にも欠かせない「雑用、片付け、手伝い」が、得意な作業員。一人は居てほしい人材だ! 

普通作業員の【雑用の配管工】

 

 

4.資格~圧送の業に必要な証~

圧送工事の【業】を使うにあたり最低限必要な免許や資格!

 

建設業の許可

500万円以上の圧送工事を請け負うならば、取得しておきたい許可。よほどの大規模工事でない限り、500万円を超えることはないとおもうが、許可を持っていないと、ゼネコン会社に嫌われる。

とび・土工工事業(専門)

 

施工管理系の資格

圧送工事のみに使用される唯一の資格。この資格を持っていると、事務所の専任技術者になれるぞ。

コンクリート圧送施工技能士(国家資格)

 

現場作業系の資格

圧送の運転手になる者に必要な資格。この資格がないと、生コンを送り出せないぞ!

車両系建設機械コンクリート打設用(特別教育)

 

作業主任者系の講習

現在、圧送工事に必要な作業主任者は存在しない。今後も、存在しないと思う。

なし

 

自動車系の免許

職人、作業員を目指す者は、普通自動車の免許があれば良いが、ポンプ車の運転手を目指す者は、大型特殊の免許を持ってないことには、仕事にならないぞ!

普通自動車運転(免許)

大型特殊自動車(免許)

 

 

5.格納庫~大きな機械の倉庫~

圧送工事の【武器】であり、最も活躍する建設機械や工事車両の種類!

 

圧送専用機

コンクリートを送り込むためだけに開発された、車両系建設機械。近年、その性能も向上しており、圧送能力「垂直500m、水平1800m」の実績を持つポンプ車も、存在すると言われる。

コンクリートポンプ車(ブーム)

コンクリートポンプ車(配管車)

 

圧送汎用機

上記の機械のみである。ほかの建設機械が使われることは、まずない!

なし

 

圧送小型機

小型機すら使用しない。あとは、人力があれば十分だ!

なし

 

圧送車両系

主に、配管が必要な長距離打設や、超高層打設の時に使われる「輸送管」を、現場に運ぶために使われる。

配管運搬用トラック

 

 

6.道具箱~小さな工具の小物入れ~

圧送工事には欠かせない【小道具】の数々!

 

工具系の道具

職人、作業員が使う道具。特に、職人しか扱えない、手綱用ロープは「最高級」な材質が使われる。

手綱用ロープ

ラチェットレンチ

 

測量系の道具

測量することはないので、道具はいらない。

なし

 

7.まとめ~要約してみる~

圧送工事の業(わざ)と言うものを、まとめてみました。

 

感想を書いてみる。

圧送工事とは・・・

普段では、めったに見ることがないポンプ車だが、生コン打ちには必ず現れ、打ち終わると、風のように去っていく。

彼らのおかげで、どんな場所にも、建造物を作ることが可能となった!

ポンプ屋さん!

「いい仕事してますねー!」

 

 

 速。