ケンセツクエスト~建設界の神々の職業を求めて~

【伝説の土木職人】に【あこがれの現場所長】や【幻の事務員秘書】など・・・さまざまな建設業の業種と職業の紹介!

ブロック積の普通作業員!【裏込め材の技師】の本当の姿は?

f:id:panboku409:20180226200348p:plain

「ブロック積の見えない仕事!舞台裏の専門家!!」

 

・裏込め材の技師とは?

間知ブロックと呼ばれる、「もたれ式擁壁」を専門的に取り扱う業者の、普通作業員のこと。

技師とは「名」ばかりで、大した仕事はしていない。

が!しかし!

将来、「ブロック積職人」に、なる可能性を秘めた頼もしい作業員でもある。

 

・ほかのブロック積工事の職業も見てみる。 

普通職人の【間知ブロック積師】

普通運転手の【ブロック積の吊師】

普通作業員の【裏込め材の技師】

 

 

1.職業(裏込め材の技師の仕事)

ブロック積の「普通作業員」の基本的な内容の解説。

 

基本のステータス

名前:裏込め材の技師

LEVEL:3

HP:15

MP:0

経験値:1095(次のレベルまであと365)

 

業界:建設業

種族:土木系

業種:ブロック積工事業

職業:作業員(正式名:普通作業員)

階級:普通の位

 

おもな仕事と思われる内容

間知ブロックを「積むことのみ」を仕事とした、その中の手伝い。

その内容は、

間知ブロックを配る作業。

裏込め材を均す作業。

胴込め生コンを投入する作業。

裏込め型枠の引き抜き、掃除作業。

と、

多岐にわたる。

 

 

2.能力(裏込め材の技師の強さ)

ブロック積の「普通作業員」に必要な、色々な基本能力値と解説

総合能力値:12ポイント(60ポイント中)

 

ちから(力)

力: 3 ☆☆☆

かき板を使った作業が多く、力は、それほど強くなくてもよい。

 

うでまえ(技前)

技: 1 ☆

技なんて必要ない。無いから、ここに来たのだ!

 

たいりょく(体力)

体: 3 ☆☆☆

バックホウを使っての補助作業なので、皆が思うほど、体力はいらない。

 

かしこさ(賢さ)

賢: 1 ☆

賢さなんて必要はない。あったら、こんな仕事はしていない。

 

ざいりょく(財力)

財: 1 ☆

普通作業員、全般に言えることだが、日給8000円の壁がある。もっと給料が欲しければ、スキルアップするしか、道はない。

 

こころのつよさ(心の強さ)

心: 3 ☆☆☆

この職業には、怒られても怒られても、くじけない、折れない心が必要かも。

 

 

3.装備(裏込め材の技師の持ち物)

ブロック積の「普通作業員」が装備できる武器、防具、その他の種類

 

ぶき(武器)

専用の武器:木の柄のかき板

普通の武器:木の柄の剣型スコップ

 

ぼうぐ(防具)

防具(頭):汚れたヘルメット

防具(手):薄手の軍手

防具(体):汚れた作業服

防具(足):破れかかった安全靴

 

そのた(その他)

装飾品1:裏込め型枠

装飾品2:掃除用ケレン

乗り物:軽トラック(運転席)

 

 

4.特技(裏込め材の技師の得意技)

ブロック積の「普通作業員」が、経験を積むことにより覚えるスキル・技、それと奥義。

 

覚えなくてはならない基本技

LV1:裏込め材(腕技)

ブロック積作業では、最もポピュラーな技。ブロックを積んだ後、ブロックの後ろに、砕石などの石材を入れる技。以外ではなく、簡単だ!

 

LV2:ブロック配り(腕技)

ブロック吊器という器具を使って、間知ブロックをバックホウのオペレータに吊ってもらい、ブロックを積む場所に配る技。まぁ、普通の技。

 

LV3:生コン打設(腕技)

コンクリートを、ブロックの胴込として、入れる技。コンクリートホッパーを使って入れるため、量の調整が難しい技の一つ。

 

LV4:裏当て型枠(腕技)

一番大事な仕事の一つである、裏あて型枠の「設置引抜清掃」の技。このために、作業をしていると言っても、過言ではない。

 

できれば覚えたい特殊技

奥義:1級裏込材施工技士(資格技)

年1回、7月ごろに開催される試験。裏込め材の均し方や、コンクリートを入れる量などが出題される。なお、合格した者は、ブロック職人や、運転手の手元ができる資格。そして、この資格は、ぼくが今、考えた奥義で、主催者もぼく。

 

 

5.特長(裏込め材の技師の性格)

ブロック積の「普通作業員」の良いところ、悪いところ、などなど。

 

良いところ

頭を使わずに、作業に没頭できる。

 

悪いところ

間知ブロックの職人は、気が短い人が多いので、モヤモヤして作業していると、どやされる。

 

社会的地位

建設界の「底辺」。ピラミッドでいう所の、三角形の一番下の部分に当たる。一般世間でも、「底辺」の地位は変わらない。

 

生き残り

もちろん、そのままでは生き残れない。外国人労働者の襲来により、作業員のポジションは、その座を奪われつつある。早めに「上」を目指すべし!

 

 

6.転職(裏込め材の技師の将来)

この職業を極め!進化し!転職せよ!

 

まずは・・・

ブロック積の普通作業員で【裏込め材の技師】から始めよう。

なりかた1:土木系の作業員の経験がある。(3年ほど)

なりかた2:間知ブロック専門業者の人から「うちの会社に来ないか?」と、誘われた。

なりかた3:そのままの流れで入社した。

 

そのあと・・・

作業員を極め、上級で職人の位の【間知ブロック積師】に進化しよう!

なれる条件1:土木の経験が10年以上はある。

なれる条件2:間知ブロックを並べた経験がある。

なれる条件3:最初にくらべると、態度がデカくなった。

 

さらに・・・

さらなる高みを目指し、ほかのジョブへと転職!!

おすすめの転職先:ほとんど、作業内容が変わらなく工事の範囲が「広く浅い」、【土木の作業員】が向いている。

 

 

7.総括(裏込め材の技師のまとめ)

そうかつという名の感想。

 

まとめてみた

ブロック積の作業員。

土木の作業員と似ているが、ブロック積専門なので、それ以外の土木工事の作業は「苦手」とされている。

専門と言えば、専門なのだが・・・

どちらかというと、土木の作業員のほうが「仕事はできる」と思います。

早めの転職を、おすすめします。

 

込。 

  

 ほかのブロック積工事の職を見てみる。