ケンセツクエスト~建設界の神々~

【伝説の職人】に【あこがれの所長】や【幻の秘書】など・・・建設業の職業紹介!

解体の普通作業員!【破壊人:ウッドクラッシャー】の進んだ道。

f:id:panboku409:20180303194440p:plain

 「デモリションロード(破壊の道)を突き進む男!!」

 

・破壊人ウッドクラッシャーとは?

木造の建物を中心として、「手」による解体作業を得意とした、普通作業員のこと。

表向きは、職人のような技の使い手のようにも思えるが、淡々と、すべてを壊すことが目的の「ただの作業員」である。

それでは、詳しく見てみよう!

 

・ほかの解体工事の職業も見てみる。 

普通監督の【破壊匠:デモリションマン】

神級職人の【破壊皇:ビル・ボマー】

神級運転手の【破壊皇:スーパーニブラ】

上級運転手の【破壊神:ニブラ】

普通運転手の【破壊王:グラップル】

初級運転手の【破壊獣:アイオン】

普通作業員の【破壊人:ウッドクラッシャー】

初級作業員の【破壊掃:クリーンアップ】

 

 

1.職業(破壊人ウッドクラッシャーの仕事)

解体の「普通作業員」の基本的な内容の解説。

 

基本のステータス

名前:破壊人ウッドクラッシャー

LEVEL:5

HP:25

MP:0

経験値:1825(次のレベルまであと365)

 

業界:建設業

種族:土木系

業種:解体工事業

職業:作業員(正式名:普通作業員)

階級:普通の位

 

おもな仕事と思われる内容

主に、個人宅などの木造の解体を得意とし、機械解体が出来ない所を、手作業でバラバラにする。

詳細として、

W造(木造)の人力解体による手バラシ作業。(主要構造部を含む)

S造(鉄骨造)の人力解体による手バラシ作業。(主要構造部を含まない)

RC造(鉄筋コンクリート造)の木製製品の撤去。(主要構造部を含まない)

が、仕事だ!

 

 

2.能力(破壊人ウッドクラッシャーの強さ)

解体の「普通作業員」に必要な、色々な基本能力値と解説

総合能力値:20ポイント(60ポイント中)

 

ちから(力)

力: 6 ☆☆☆☆☆☆

木造の手バラシ解体が基本の職業。かなりの腕力が必要だ!

 

うでまえ(技前)

技: 1 ☆

技と呼ばれるものは存在しない。ただただ、建物を壊すのみ。

 

たいりょく(体力)

体: 5 ☆☆☆☆☆

防塵マスクを着けたうえでの重労働。思った以上に、かなり体力を消耗する。

 

かしこさ(賢さ)

賢: 1 ☆

監督の指示通りに動いておけばよく、自分で考えることは何もない

 

ざいりょく(財力)

財: 1 ☆

土木作業員の給料と、どっこいどっこい。日給8000円~9000円。もっと、高い給料を目指すのであれば、レベルアップは欠かせない。

 

こころのつよさ(心の強さ)

心: 6 ☆☆☆☆☆☆

解体工事の作業は、ほかの建設作業にくらべて、危険度が格段にアップする。まさに、命を懸けた「心の強さ」が必要だ!

 

 

3.装備(破壊人ウッドクラッシャーの持ち物)

解体の「普通作業員」が装備できる武器、防具、その他の種類

 

ぶき(武器)

専用の武器:解体専用バール

普通の武器:チェーンソー

 

ぼうぐ(防具)

防具(頭):保護眼鏡付きのヘルメット

防具(手):厚手の軍手

防具(体):破れにくい作業服

防具(足):釘踏み抜き防止の安全靴

 

そのた(その他)

装飾品1:解体用ハンマー

装飾品2:釘抜ハンマー

装飾品3:防塵マスク

乗り物:2tダンプトラック

 

 

4.特技(破壊人ウッドクラッシャーの得意技)

解体の「普通作業員」が、経験を積むことにより覚えるスキル・技、それと奥義。

 

覚えなくてはならない基本技

LV1:二丁バール(腕技)

解体作業の基本技で、2本のバールを使い、手作業で「床・壁・天井」をはがしていく技。この方法により、廃棄物の分別ができる。

 

LV2:チェーンソー(腕技)

木造解体の専用技。柱や梁などの主要構造部を、チェーンソーを使って、たたっ切る!実際は、簡単な技だが、危険な技。

 

LV3:棟歩き(脚技)

大工職人のような身軽さで、梁や桁の上を、まるで平地のごとく歩く技。絶妙なバランス感覚と、高所に負けない心の強さがいる技である。

 

できれば覚えたい特殊技

奥義:無免許運転(操作技)

監督、運転手がいない隙に「こっそり」と、解体用の機械の運転をする危険極まりない奥義。他人の命にかかわることだから、絶対にやめておこう!

 

 

5.特長(破壊人ウッドクラッシャーの性格)

解体の「普通作業員」の良いところ、悪いところ、などなど。

 

良いところ

寸法、計算などの作業が一切なく、何も考えず、作業に没頭したい人には向いている。

 

悪いところ

監督の指示を無視して、解体手順を一つでも間違うと、命の危険にさらされる。

 

社会的地位

土木の作業員と同等レベル。「ブルーカラー」と呼ばれる労働階級(下級階級)で、その中でも一番下の階級。一般社会的にも、いわゆる「底辺職」と思われる地位。

 

生き残り

職人ではなく作業員だけに、生き残りにくいのは確かだ!早いうちに、何かしらの技を身に着け、スキルアップしないと「死」に直結する。

 

 

6.転職(破壊人ウッドクラッシャーの将来)

この職業を極め!進化し!転職せよ!

 

まずは・・・

解体の普通作業員で【破壊人ウッドクラッシャー】から始めよう。

なりかた1:建設業での現場経験が、5年くらいある。

なりかた2:チェーンソーの取り扱いには、自信がある。

なりかた3:高い所は平気で、平屋の屋根に立っても怖くない。

 

そのあと・・・

上級職でもある、鉄骨造の破壊者【破壊僧スチールスクラッパー】に進化しよう!

なれる条件1:鉄骨とびの経験がある。

なれる条件2:「鉄骨組立て等作業主任者」の資格を持っている。

なれる条件3:創造より破壊が、自分には向いていると思う。

 

さらに・・・

さらなる高みを目指し、ほかのジョブへと転職!!

おすすめの転職先1:同じくらいの階級に当たる【土木の作業員】をおすすめする。

おすすめの転職先2:破壊から創造へ【建築大工の作業員】から始めてみる。

おススメの転職先3:コンクリート人力壊し屋の【はつり工事の作業員】になってみる。

 

 

7.総括(破壊人ウッドクラッシャーのまとめ)

そうかつという名の感想。

 

まとめてみた

解体工事の普通作業員を考えてみる・・・

よくよく観察してみると、

「創造」の土木作業員。

「破壊」の解体作業員。

と、作るか、壊すかの違いだけで、どちらもほとんど変わらない、「どんぐりの何とか」である。

 

「建設界で生きていこう!」と決めた、そこのあなた!

 

どちらでも、お好きなほうを・・・

 

人。 

 

ほかの解体工事の職業を見てみる。