ケンセツクエスト~建設界の神々の職業を求めて~

【伝説の土木職人】に【あこがれの現場所長】や【幻の事務員秘書】など・・・さまざまな建設業の業種と職業の紹介!

解体工事の普通監督!【破壊匠:デモリションマン】とは何者?どんな職業の人!?

f:id:panboku409:20191220202819p:plain

「デモリション(破壊)マン(男)という名の軍師のプロフィール!!」

 

・破壊匠デモリションマンとは?

解体現場のすべてを統括し、各作業員と運転手、そして職人を、上手くコントロールしながら建造物を壊していく現場の指揮官。

いわゆる、現場監督のことであり、正確に言うと「主任技術者」のことを指す。

基本的に、自らが作業に加担することがなく、もっぱら、管理業務である「施工管理と書類作成」が、主な仕事だ!

そんな軍師、いや、現場監督の仕事とは・・・

 

【解体の普通監督のもくじ】

 

 

1.職業(破壊匠デモリションマンの仕事)

解体の「普通監督」の基本的な仕事内容の解説。

f:id:panboku409:20181107190801p:plain

基本のステータス

名前:破壊匠デモリションマン

LEVEL:10

HP:25

MP:25

経験値:3650(次のレベルまであと365日)

 

業界:建設業

種族:土木系

業種:解体工事業

職業:監督(正式名:主任技術者)

階級:普通の位

 

おもな仕事と思われる内容

解体現場の技術的部分(施工の管理)を担う仕事であり、最も重要な作業でもある。その内容は以下の通り。

【施工計画】

解体工事の施工順序を決める重要な技。これにより、「工事が早く終わるのか?」、「間に合わないか!」の違いが出る基本の作業。

 

【工程管理】

一般的に「段取り」と呼ばれることが多く、施工計画にそって解体重機の搬入時期や、作業員の乗り込み時期を決める技。これこそが軍師、いや現場監督の「腕の見せ所」でもある。

 

【出来形管理】

土木工事では一般的に「創った構造物」を管理する仕事だが、解体工事は「構造物を壊す」のが仕事なので、管理することが、当然ない。

 

【品質管理】

しつこいようだが、管理することはない。

 

【写真管理】

工事の作業の流れを、静止画により記録に残しておくこと。最終的には、まとめて発注者に提出するので、こまめに撮っておこう。何も残らないだけに。

 

【安全管理】

解体現場周辺の地域住民、現場で働く作業員、解体する建設機械の運転手たちを守る作業。解体現場では、特に神経を使う。マジで死人でも出した日には「シャレ」にならない。

 

【産廃管理】

「マニフェスト」と呼ばれる産業廃棄物処理表を管理することで、産業廃棄物を出した業者が最終処分を確実にしたか確認する作業。1回に7枚もの紙を使い、トラック1台ごとに「搬出業者、運搬業者、処理業者」のサインを要する。とてつもなく「めんどくせー」作業であり、何の生産性もない【ムダ】な技でもある。早く止めてくれないかな・・・

 

とまぁ、これくらいである。

なお、解体工事には、出来形管理と品質管理は、無いに等しい。

あしからず。

 

気になる給料の中身

【やとわれ方】

会社と雇用契約を結んでいる労働者。いわゆる「雇われ従業員」のことで、このことを、世間では一般にサラリーマンと呼ぶ。

月給制の「月給賃金」で、出勤日数に関係なく、一か月いくらの給料がもらえる。家庭持ちの生活がかかっている人には、こうじゃないと食えない。

 

【きほんの給料】

給与:月給25万円で、日給に直すと25万円÷25日=10000円、時給にして1250円となり、上級の土木作業員と変わらない賃金になる。

賞与:月給取りだけにボーナスは存在する。25万円×2回=50万円。

手当:通勤手当、電話料金など。月にして1万円くらい。

税金:総額の20%を引かれる。

よって、

総額:月給26万円(手取21万円)、年収362万円(手取290万円)くらいとなる。

 

【ほんとの給料】

月給制の優遇により、雨が降ろうと風が吹こうと、給料が減ることはない。

よって、

月給26万円(手取21万円)、年収362万円(手取290万円)ぐらいとなる。

※ケンセツクエスト調査班の調べです。

 

 

2.能力(破壊匠デモリションマンの強さ)

解体の「普通監督」に必要な、色々な基本能力値と解説!

f:id:panboku409:20181107190739p:plain

つよさ(つよさ)

・レベル(LEVEL)LV:10

経験年数や現場実績のこと。解体の現場監督の職について、7~10年目のレベル。

・ヒットポイント(HitPoint)HP:25

体のつよさのこと。肉体的に、精神的に強くなってほしい。

・マジックポイント(MagicPoint)MP:25

頭のつよさのこと。高卒くらいの知識は必要。

 

のうりょくち(能力値)

総合能力値:30ポイント(60ポイント中)

ちから(力)

力: 5 ★★★★★☆☆☆☆☆

力を使うような作業はしないが、解体屋の監督たる者、筋力は付けておきたい。

うでまえ(技前)

技: 5 ★★★★★☆☆☆☆☆

普通の腕前があればいい、ただし、解体機械に乗れるくらいの技は欲しいところ。

たいりょく(体力)

体: 3 ★★★☆☆☆☆☆☆☆

自ら作業をすることはないので、体力は使わない。楽と言えば楽。

かしこさ(賢さ)

賢: 5 ★★★★★☆☆☆☆☆

解体手順の段取り、組立、順番などと、かなり、頭をひねらないといけない。賢くなければできないぞ!

ざいりょく(財力)

財: 5 ★★★★★☆☆☆☆☆

監督クラスになると当然給料は高い。しかも正社員が多い。そして、今から解体工事ラッシュが始まるので、将来が楽しみな職業だ!

こころのつよさ(心の強さ)

心: 7 ★★★★★★★☆☆☆

安全管理には、ほかの建設業以上に、常に気を使わなければならない。事故が起こると精神的にも辛いが、将来的にも厳しいぞ。

 

 

3.装備(破壊匠デモリションマンの装飾品)

解体の「普通監督」が装備できる武器、防具、その他の持ち物。

f:id:panboku409:20181107190705p:plain

ぶき(武器)

【かいたい系】

電脳属性:工事写真用のデジタルカメラ

電脳属性:伸縮式のミニホワイトボード

書類属性:あまり役に立たない設計図面

ぼうぐ(防具)

【かぶと系】

頭の防護:二本線のヘルメット

【こて系】

手の保護:通気性の良い手袋

腕の装飾:主任技術者の腕章

【よろい系】

体の保護:監督らしいパリッとした作業服

体の防寒:ドカちんジャンパー

体の防暑:薄い長そでTシャツ

【こうがけ系】

足の防護:編み上げ式の安全靴

どうぐ(道具)

【ポケットの中】

装飾:シャチハタの印鑑

装飾:サイン用のボールペン

【現場事務所の中】

電脳:普通のノートパソコン

電脳:インクジェットのプリンター

のりもの(乗物)

専用車:軽の乗用車

通勤車:同上

 

 

4.特技(破壊匠デモリションマンの得意技)

解体の「普通監督」が、経験を積むことにより覚えるスキル・技、それと奥義。

f:id:panboku409:20181107190641p:plain

覚えなくてはならない基本技

書類技:施工計画の書

解体工事を始める前に、発注者の監督員に提出する「施工計画書」を作成する技。現場ごとに書かれるため、ほかの現場では通用しない「唯一無二」の書物でもある。そしてその内容は、下記の15項目について、こと細かに記さなければならない。

  1. 工事の概要
  2. 計画工程表
  3. 現場組織表および施工体系図
  4. 安全管理
  5. 主要機械
  6. 使用資材
  7. 施工方法(準備工、仮設計画を含む)
  8. 施工管理計画(工程、出来形、品質、写真、段階確認)
  9. 緊急時の体制および対応
  10. 交通管理
  11. 環境対策
  12. 現場の就業時間
  13. 現場の作業環境の整備
  14. 産業廃棄物の管理方法
  15. その他(官公庁届け出、地元住民資料)

 

書類技:プロセスチェック

解体工事の施工中に「出来高40%」を超えたあたりから実施される、発注者の監督員による「施工プロセス」と呼ばれる検査を受ける技。チェックリストにそって現場と書類を確認していき、「適正・通知・注意」のどれかが与えられる。もちろん、工事評定点にひびく。

  1. 施工体制のチェック(工事実績情報、施工管理体制、建退協、施工体制台帳など)
  2. 配置技術者のチェック(現場代理人、主任技術者、監理技術者、作業主任者など)
  3. 施工管理のチェック(設計図書の照査、施工計画書、出来形、品質、工程、産廃、段階確認など)
  4. 安全対策のチェック(災害防止協議会、安全訓練、新規入場者教育、KY活動、安全パトロール、過積載防止など)
  5. 対外関係のチェック(官公庁との手続き、地元住民との交渉、他工区の工事との調整など)

 

書類技:工事完成図の書

竣工検査と呼ばれ、解体工事が完了し、引き渡しをする時に受ける検査。の、書類を「創り(つくり)綴(つづ)る」技。基本、下記の14項目を創り上げ竣工検査に挑む、ここ一番の大技。しかし、この技は習得が困難で、「眠ずに倒れる者」や、「自宅に帰れぬ者」が出るくらいの危険な技でもある。

  1. 施工計画書(1~15の項目の最新版)
  2. 施工体制台帳(再下請負通知書、注文請書、下請代金内訳書など)
  3. 工程管理(月間実施工程表や、週間工程表)
  4. 出来形管理(出来形管理図、出来形展開図、工程能力図など)
  5. 品質管理(試験成績表、品質管理図表など)
  6. 安全管理(総括表)
  7. 産廃管理(総括表、コブリス、委託契約書)
  8. 工事打合せ簿(一覧表)
  9. 段階確認書(一覧表)
  10. 下請企業使用報告書
  11. 建設資材使用報告書
  12. 創意工夫実施状況
  13. 写真管理(着工、竣工、施工状況、出来形、品質の写真)
  14. その他

血反吐を吐きながらも創り上げ、無事竣工検査も終わった・・・。なお、この完成図書は検査完了後、5年間保管されるが、よほどのことがない限り、触られもしないので「書庫の肥やし」となる。徹夜して作った苦労が報われない書物。

 

書類技:提示書類の書

竣工検査の時に、提出書類ではないが、完成図書と一緒に持っていく大事な副書。主に、安全管理の実施記録をまとめた記録の綴り。基本的には、下記の10項目がある。

  1. 工事実績情報登録書(通称コリンズ)
  2. 建設業退職金共済受払簿(通称ケンタイキョー)
  3. 工事安全日誌記録(通称ニッポー)
  4. 危険予知活動記録(通称ケーワイ)
  5. 災害防止協議会実施記録(通称サイボウキョー)
  6. 安全訓練実施記録(通称クンレン)
  7. 新規入場者教育記録(通称シンキ)
  8. 工事現場点検整備記録(通称テンケンヒョー)
  9. 店社安全巡視記録(通称パトロール)
  10. 関係官公庁折衝調整関係(通称ドーロシヨウ)

なお、検査官次第では、見向きもされない儚い書物。

 

できれば覚えたい特殊技

奥義:丸投げ(違法技)

あまりにも忙しくて現場に行けず、自社で取った解体工事を他社の会社に「一括下請け」として請け負わす奥義。建設業法上、違法だが、「できないものはできない」ので、仕方のない奥義でもある。

 

持っておきたい資格術

国家資格:2級土木施工管理技士の証

解体工事の主任技術者になれる資格。この資格を持っておくと、建設会社からは重宝される。ぜひ取ろう!

 

大臣講習:登録解体工事の講習

解体工事業の許可の出現により、平成27年度以前の2級土木施工管理技士の試験合格者は、解体工事の主任技術者にはなれないらしい。しかし、特例により、登録解体工事の講習を受けることにより、主任技術者になることができる。

 

 

5.特長(破壊匠デモリションマンの性格)

解体の「普通監督」の良いところ、悪いところ、などなど。

f:id:panboku409:20181107190607p:plain

良いところ

工事の終わりには、建築とは違った景色が見える。壮大な更地に感動するだろう。

監督であるために、責任も大きいが、1から10まで工事にかかわれるため、達成感がある。

案外、解体工事の書類づくりは楽しい。

悪いところ

住民からの苦情処理や、発注者との連絡調整などの仕事が多い。何かと、めんどくさいので、短気な人には向いてない。

産業廃棄物の管理が、とても複雑で覚えられない。

社会的地位

建設界では「メタルカラー」と呼ばれる、中流階級の上の方に位置する。世間一般的には「工事現場の監督さん」と呼ばれており、作業員より少し偉いと、思われているようだ。

生き残り

新たに「解体工事業」の許可も設置され、今から解体ラッシュが始まる。当然、解体工事の監督の需要は高くなり、仕事も増えるだろう。それによって、建設界の中でも、生き残る確率は非常に高い。解体業に、転職するならお早めに・・・

 

 

6.転職(破壊匠デモリションマンの将来)

この職業を極め!進化し!転職せよ!

f:id:panboku409:20181107185901p:plain

まずは・・・

解体の普通監督で【破壊匠デモリションマン】から始めよう。

なりかた1:自ら作業をするより、指揮する方に興味がある。

なりかた2:「創造の神」と「破壊の神」の、どちらかを選ぶとしたら、もちろん破壊の神を選ぶ。

なりかた3:国家資格である「2級土木施工管理技士」の資格取得にチャレンジする。

 

そのあと・・・

修業を行い、上級の位の【破壊極デモリションマスター】に進化しよう!

なれる条件1:解体業の監督を始めてから、20年ほど経つ。

なれる条件2:どんなに巨大なビルでも、物怖じしないで壊せる。

なれる条件3:時々、自分が「破壊神ビルス」になった夢を見る。

 

さらに・・・

さらなる高みを目指し、ほかのジョブへと転職!!

おすすめの転職先1:破壊の職を極めた後は、創造の職である【一般土木の監督】を目指してみる。

おすすめの転職先2:破壊の技を極めた後は、創造の技である【一般建築の監督】になってみる。

 

 

7.総括(破壊匠デモリションマンのまとめ)

そうかつという名の感想。

f:id:panboku409:20181107185836p:plain

まとめてみた

解体工事の現場監督。

それも普通の監督。

解体工事の監督というのは、土木工事の監督と、同じレベルの管理能力が必要だ。

「有から無」「無から有」の違いだけで、本質的な部分は全く一緒。

結論から言うと、

土木の監督は、解体の監督に、

建築の監督は、解体の監督に、

解体の監督は、土木の監督に、

解体の監督は、建築の監督に、

 

「なりなさい!!」

 

匠。 

 

 

と、言うことで、解体工事の業務内容を見てみる。

【橙壊色のデモリション】と呼ばれる解体工事の会社

 

・解体工事の監督の職業を見てみる。

神級の監督【破壊皇:ビル・ボマー】

上級の監督【破壊極:デモリションマスター】

普通の監督【破壊匠:デモリションマン】

初級の監督【破壊初:インターンデモリション】

 

・解体工事の運転手の職業を見てみる。

神級の運転手【破壊皇:スーパーニブラ】

上級の運転手【破壊神:ニブラ】

普通の運転手【破壊王:グラップル】

初級の運転手【破壊獣:アイオン】

 

・解体工事の作業員の職業を見てみる。

神級の作業員【解体戦隊:クラッシャーマン】

上級の作業員【破壊僧:スチールスクラッパー】

普通の作業員【破壊人:ウッドクラッシャー】

初級の作業員【破壊掃:クリーンアップ】