ケンセツクエスト~建設界の神々~

【伝説の職人】に【あこがれの所長】や【幻の秘書】など・・・建設業の職業紹介!

造園の普通職人!【ありふれた庭師】の職業紹介!

f:id:panboku409:20180313200445p:plain

「庭の剪定、庭造り、どんなことでも承ります!!」

 

・ありふれた庭師とは?

造園業界の「主人公的存在」でもある職人が、庭師と呼ばれる職業のこと。

個人の庭造りから、景観を変える剪定、公共物の街路樹などを、職人技を使って整備していく。

街中で見かける、草木を切っている人は、職人と思ってもらってもよい。

そんな、庭師の日常を見てみよう!

 

・そのほかの造園工事の職業を見てみる。 

普通監督の【エクステリアの現場員】

上級職人の【日本庭園の庭師】

普通職人の【ありふれた庭師】

普通運転手の【ユニックの運転士】

普通作業員の【庭師の手伝い】

 

 

1.職業(ありふれた庭師の仕事)

造園の「普通職人」の基本的な内容の解説。

 

基本のステータス

名前:ありふれた庭師

LEVEL:10

HP:35

MP:0

経験値:3650(次のレベルまであと365)

 

業界:建設業

種族:土木系

業種:造園工事業

職業:職人(正式名:造園工)

階級:普通の位

 

おもな仕事と思われる内容

個人宅の庭の手入れ(剪定ともいう)

街路樹などの樹木の手入れ(伐採ともいう)

お金持ちの庭園の創作(庭造りともいう)

公共事業の草刈りなど

と、自然を相手にした仕事内容。

 

 

2.能力(ありふれた庭師の強さ)

造園の「普通職人」に必要な、色々な基本能力値と解説

総合能力値:27ポイント(60ポイント中)

 

ちから(力)

力: 5 ☆☆☆☆☆

すべての作業が手作業であるので、腕力は当然、必要となる。

 

うでまえ(技前)

技: 5 ☆☆☆☆☆

手先を使った技が多く、感覚に頼る技でもあるので、長期間の修練が必要。普通に難しいので技がいる。

 

たいりょく(体力)

体: 5 ☆☆☆☆☆

完全に屋外の作業ばかりとなる。真夏と真冬を迎えるまでに、体力はつけておこう。

 

かしこさ(賢さ)

賢: 4 ☆☆☆☆

左脳を使った賢さは必要ないが、右脳を使った「センス」と言うものが、必要となる世界。

 

ざいりょく(財力)

財: 4 ☆☆☆☆

職人と言うことで、給料は作業員よりも良い。当然だ。しかし、造園業の給料自体、安いらしい。

 

こころのつよさ(心の強さ)

心: 4 ☆☆☆☆

「虫や草」に負けない、強い精神力が必要となる。そのほかは比較的楽。

 

 

3.装備(ありふれた庭師の持ち物)

造園の「普通職人」が装備できる武器、防具、その他の種類

 

ぶき(武器)

専用の武器:剪定ハサミ

普通の武器:剪定ノコギリ

 

ぼうぐ(防具)

防具(頭):頭に巻かれた手ぬぐい

防具(手):手甲(てっこう)

防具(体):鯉口シャツと乗馬ズボン

防具(足):脚絆(きゃはん)と地下足袋

 

そのた(その他)

装飾品1:アルミ製の三脚はしご

装飾品2:剪定用の腰袋

乗り物:軽トラックの助手席

 

 

4.特技(ありふれた庭師の得意技)

造園の「普通職人」が、経験を積むことにより覚えるスキル・技、それと奥義。

 

覚えなくてはならない基本技

LV1:剪定(腕技)

一番使う技でもあり、最も基本的な技でもある。「すかし剪定」「切り戻し剪定」「刈り込み剪定」というように、いろいろな技があるため、習得には時間がかかる技。

 

LV2:庭造り(心技)

めったにない仕事でもある、個人宅の庭造り。「金持ちの道楽」だけに、貧乏人には、使いたくても使えない技。

 

できれば覚えたい特殊技

奥義:枯山水(伝統技)

日本庭園(和風庭園)と呼ばれ、室町時代より受け継がれてきた「美麗技」でもある奥義の一つ。空池に白い砂利を敷き詰め、「水を表現する」と言われている。一般家庭の庭園に、ぜひとも採用したい技でもある。

 

 

5.特長(ありふれた庭師の性格)

造園の「普通職人」の良いところ、悪いところ、などなど。

 

良いところ

個人の庭の剪定が多いので、作業が終わった後に、お客様に喜ばれる。

ジャングルのようだった庭を、きれいに剪定し終わった後は、気分がいい。

 

悪いところ

虫に刺されたり、草に負けたりと、皮膚が弱い人には向いてない。

作業のすべてが手作業であるので、体力的にキツイ。

 

社会的地位

職人と言うことで、中流階級の「メタルカラー」と言うポジション。であるが、見た目は「ブルーカラー」の作業員とよく間違われる。差別化を図るためにも「庭師らしい服装」を心掛けよう!

 

生き残り

数ある剪定技を使いこなし、その景観を変えていく者だけに、生き残れるだろう。しかし、昔と違い、庭に関しての価値観が下がっているので、仕事は激減する。

 

 

6.転職(ありふれた庭師の将来)

この職業を極め!進化し!転職せよ!

 

まずは・・・

造園の普通職人で【ありふれた庭師】から始めよう。

なりかた1:造園の仕事に就いて10年ほどになる。

なりかた2:「ステキな庭を造りたい」と言う願望があり、その気持ちは誰にも負けない。

なりかた3:自分の趣味は庭いじりだ。

 

そのあと・・・

修業を行い、上級の位の【日本庭園の庭師】に進化しよう!

なれる条件1:庭師になって20年以上が経過し、庭造りにおいて知らぬことはない。

なれる条件2:庭園の歴史に興味があり、日本の「わび・さび」についてよく考えている。

なれる条件3:将来「TVチャンピオン」の庭師選手権に出場するのが目標だ。

 

さらに・・・

さらなる高みを目指し、ほかのジョブへと転職!!

おすすめの転職先1:庭の次は、屋敷の石垣を積んでみる、【石積の職人】になろう!

おススメの転職先2:最も一般的で、スタンダードな職業の【土木の職人】がいいかもしれない。

 

 

7.総括(ありふれた庭師のまとめ)

そうかつという名の感想。

 

まとめてみた

ここで取り上げている庭師というのは、世間一般にあふれている庭師のことを指す。

そこそこの技を持ち、そこそこの地位も持つ。

それで終わってしまうのも、また人生だろうが・・・

「志高き者よ!」

さらなる高みを目指し!「古来からある日本庭園」を復活させるのだ!!

 

破。 

 

ほかの造園工事の職業を見てみる。