ケンセツクエスト~建設界の神々~

【伝説の職人】に【あこがれの所長】や【幻の秘書】など・・・建設業の職業紹介!

トンネルの普通作業員!【地底界の坑夫】の世界観!

f:id:panboku409:20180317201053p:plain

「地底界の住民となるべく、地上を捨てた男の話!!」

 

・地底界の坑夫とは?

地上の世界と決別し、トンネル(隧道)を作ることを職業に選んだ、手伝い作業を職とする者。

特殊な工事であるため、全国各地を飛び歩き、様々な現場で作業をする。

また、

世間では「出稼ぎ」とも呼ばれており、短期期間労働者と思われているが、そのとおりである。

 

・そのほかのトンネル工事の職業を見てみる。 

神級職人の【地上界の坑夫長】

上級職人の【地底界の坑夫長】

普通職人の【セグメント組立のプロ】

普通運転手の【バッテリカーの運転士】

上級作業員の【地上界の坑夫】

普通作業員の【地底界の坑夫】

 

 

1.職業(地底界の坑夫の仕事)

トンネルの「普通作業員」の基本的な内容の解説。

 

基本のステータス

名前:地底界の坑夫

LEVEL:3

HP:15

MP:0

経験値:1095(次のレベルまであと365)

 

業界:建設業

種族:土木系

業種:トンネル工事業

職業:作業員(正式名:トンネル作業員)

階級:普通の位

 

おもな仕事と思われる内容

シールド工法における工事での、全般的な作業の手伝い、又は手元。

内容は、

作業前の準備

掘削中の泥土処理(コンベア付近)

セグメント組み立ての手伝い

作業後の片付け

の、

繰り返しである。

 

 

2.能力(地底界の坑夫の強さ)

トンネルの「普通作業員」に必要な、色々な基本能力値と解説

総合能力値:18ポイント(60ポイント中)

 

ちから(力)

力: 3 ☆☆☆

普通の土木作業員並みの「腕力」くらいは必要で、少しは重い物を持てないといけない。

 

うでまえ(技前)

技: 3 ☆☆☆

技は使えなくていいし、期待すらしていない。ただ、腕前があると早く出世できる。

 

たいりょく(体力)

体: 3 ☆☆☆

2交代制の時は、一日に10時間労働が基本となる。体力はあった方が良い。

 

かしこさ(賢さ)

賢: 1 ☆

まったくと言っていいほど要らない。「はい!わかりました!」と言える語学力があれば良い。

 

ざいりょく(財力)

財: 5 ☆☆☆☆☆

建設業界の全作業員の内で「ナンバーワン」に輝く高給取り。中には、日給20000円を超える作業員もいるとか・・・

 

こころのつよさ(心の強さ)

心: 3 ☆☆☆

外界から閉ざされた空間での作業だけに、「心」が少しだけ寂しくなることもあるだろう。

 

 

3.装備(地底界の坑夫の持ち物)

トンネルの「普通作業員」が装備できる武器、防具、その他の種類

 

ぶき(武器)

専用の武器:インパクトレンチ

普通の武器:メガネレンチ

 

ぼうぐ(防具)

防具(頭):新規入場シール付きヘルメット

防具(手):耐油性のゴム手袋

防具(体):厚手の円管服

防具(足):耐油性の安全長靴

 

そのた(その他)

装飾品1:500mlのペットボトル

装飾品2:坑内で食べるおやつ

装飾品3:汗拭き用のタオル

乗り物:飯場~現場移動用の箱バン(後部席)

 

 

4.特技(地底界の坑夫の得意技)

トンネルの「普通作業員」が、経験を積むことにより覚えるスキル・技、それと奥義。

 

覚えなくてはならない基本技

LV1:飯場暮らし(心技)

出稼ぎである以上、まず最初に覚えなければいけない技、というか心構え。食べ物は「ハンバさん」と呼ばれる、飯炊きのおばさんが用意してくれるので心配ない。

が、そのほか、身の回りの世話をしてくれるのが誰もいないため、自分自身でやらないといけないのである。その中でも「洗濯掃除体調管理」は、必須科目でもある。

 

LV2:ベルコン操作(指技)

シールドマシンが掘削し、チャンバー内に溜まった泥土を、スクリューコンベアで搬出した後の技。「ベルトコンベア」と呼ばれており、それを使って「ずり積み機」に積み込み、坑外へ搬出するという、スイッチON-OFFだけの技だ!

 

LV3:ボルト取り(手技)

シールドマシンが掘削した後、「セグメント」と呼ばれる補強資材を使って、一次覆工を行う。その組み立て時に「ボルトナット」を取り付け、レンチで締め付ける技のこと。請負の場合、一秒でも早く締め付けたい技。

 

できれば覚えたい特殊技

奥義:監督ヨイショ!(話技)

トンネル工事の場合、大手ゼネコンの下請け業者として仕事をすることになるので、元請け監督の機嫌を損なわないよう「おもしろトーク」する奥義。下っ端作業員の「技」ではないと思われるが、下っ端だけに許される奥義。

 

 

5.特長(地底界の坑夫の性格)

トンネルの「普通作業員」の良いところ、悪いところ、などなど。

 

良いところ

出稼ぎの場合、全国に現場があるので、日本中を旅している気分になれる。

友達や親せきなどの知り合いに、会わなくてもよい。一人になりたい人にはおススメ。

手っ取り早く稼ぎたいなら、おススメの職業。

 

悪いところ

2交代制、3交代制の仕事になるので夜間作業がある。穴の中は昼夜関係ないが・・・

太陽の光が恋しくなる。

「閉所恐怖症」の人にはちょっと辛い。

 

社会的地位

建設業界でも「一目置かれる」トンネルの仕事。しかし、その地位は底辺職。そして、世間一般的には「地下強制労働施設」に、収容されていると思われている。

 

生き残り

地上の下、いわゆる地下での特殊な仕事であるため、そう簡単には仕事はなくならない。が、ただの作業員であるかぎり、いつ首を斬られてもおかしくはない。そのため、早いうちのスキルアップを・・・

 

 

6.転職(地底界の坑夫の将来)

この職業を極め!進化し!転職せよ!

 

まずは・・・

トンネルの普通作業員で【地底界の坑夫】から始めよう。

なりかた1:「出稼ぎに出る」と心に誓う。(飯場暮らしと言う新生活)

なりかた2:求人雑誌やハローワークで、求人募集を探す。(ほとんどないと思う)

なりかた3:知人の「ツテ」を頼りに、トンネル坑夫の求人がないか探してもらう。(これが一番確実)

 

そのあと・・・

修業を行い、上級の位の【地底界の上坑夫】に進化しよう!

なれる条件1:トンネル坑夫になって10年以上になる。

なれる条件2:自宅よりも飯場の方が、居心地が良い。

なれる条件3:太陽が苦手だ。

 

さらに・・・

さらなる高みを目指し、ほかのジョブへと転職!!

おすすめの転職先1:地底の世界から、地上の世界へ。【土木の作業員】が、一般的でいいだろう。

おすすめの転職先2:地底の世界から、天空の世界へ。【建築の作業員】は、すこし難易度が上がる。

おすすめの転職先3:地底の世界から、海底の世界へ。【海洋土木の作業員】は、特殊すぎていいかも。

 

 

7.総括(地底界の坑夫のまとめ)

そうかつという名の感想。

 

まとめてみた

家庭持ちには、少し厳しい作業環境ではあるが、独り者には「うってつけ」の職業である。

日本中を股に掛け、いろんな場所に穴を掘る。

何とも壮大で、冒険的なこと。

そんな、

トンネル作業員に、なってみるのも、また、一興かと・・・

 

隧。

 

ほかのトンネル工事の職業を見てみる。