ケンセツクエスト~建設界の神々~

【伝説の職人】に【あこがれの所長】や【幻の秘書】など・・・建設業の職業紹介!

トンネルの普通職人!【セグメント組立のプロ】の仕事ぶり!

f:id:panboku409:20180319200917p:plain

「フナクイムシが進化した!その能力を持つ者!」

 

・セグメント組立のプロとは?

トンネル工事の「シールド工法」と呼ばれる、掘削機で掘った後の地山を「セグメント」と呼ばれる、筒状の製品で補強する作業の達人。

その施工の速さには、目を見張るものがあり、瞬く間に出来上がっていくという。

そりゃそうだろう。

出来高払いなんだから・・・

 

・そのほかのトンネル工事の職業を見てみる。 

神級職人の【地上界の坑夫長】

上級職人の【地底界の坑夫長】

普通職人の【セグメント組立のプロ】

普通運転手の【バッテリカーの運転士】

上級作業員の【地上界の坑夫】

普通作業員の【地底界の坑夫】

 

 

1.職業(セグメント組立のプロの仕事)

トンネルの「普通職人」の基本的な内容の解説。

 

基本のステータス

名前:セグメント組立のプロ

LEVEL:10

HP:50

MP:0

経験値:3650(次のレベルまであと365)

 

業界:建設業

種族:土木系

業種:トンネル工事業

職業:職人(正式名:トンネル特殊工)

階級:普通の位

 

おもな仕事と思われる内容

シールドマシンで掘削した後、「一次覆工」と呼ばれるセグメントの組立作業。

内容は以下に示す。

掘削終了後、設置場所の油圧ジャッキを戻すこと。

バッテリカーで運ばれてきた、セグメントピースを、移動式ホイストを使って設置場所へ運ぶこと。

運ばれてきたセグメントピースを、エレクターを使って取り付けること。

取り付けられたセグメントを、ボルトナットを使って締め付けること。

締め付けが完了したら、油圧ジャッキを張って、

発進!!の繰り返しである。

が、主な仕事。

 

 

2.能力(セグメント組立のプロの強さ)

トンネルの「普通職人」に必要な、色々な基本能力値と解説

総合能力値:31ポイント(60ポイント中)

 

ちから(力)

力: 5 ☆☆☆☆☆

最近は機械化が進んでいて、手作業自体少なくなっているので、普通の腕力があればいい。

 

うでまえ(技前)

技: 7 ☆☆☆☆☆☆☆

この職人の場合「技」ではなく「素早さ」が必要となる。特に出来高払いの時は。

 

たいりょく(体力)

体: 5 ☆☆☆☆☆

坑内での仕事なので、季節はあまり関係がなく、暑さ寒さに体力を奪われることはない。が、普通に体力は必要です。

 

かしこさ(賢さ)

賢: 3 ☆☆☆

賢さは、大手ゼネコン(組と呼ばれる)の職員が持っているので必要ない。すべては己の腕にかかっている。

 

ざいりょく(財力)

財: 7 ☆☆☆☆☆☆

建設業界でトップクラスの収入を得る。常用でも20000円以上は確定で、しかも、1m当りいくらの出来高払いもあり、多い時で1日50000円を超えることもあると言う。額面だけで見ると「勝ち組」に入る。

 

こころのつよさ(心の強さ)

心: 4 ☆☆☆☆

出稼ぎと言う「異国の地」での仕事だけに、「寂しさ」と呼ばれる感情を押し殺さないといけない。

 

 

3.装備(セグメント組立のプロの持ち物)

トンネルの「普通職人」が装備できる武器、防具、その他の種類

 

ぶき(武器)

専用の武器:エレクター操作リモコン

普通の武器:セグメントレンチ

 

ぼうぐ(防具)

防具(頭):一番高いヘルメット

防具(手):高級耐油手袋

防具(体):高級な円管服

防具(足):高級耐油長靴

 

そのた(その他)

装飾品1:ガス切断機

装飾品2:アーク溶接機

乗り物:現場移動用の箱バン(運転手)

 

 

4.特技(セグメント組立のプロの得意技)

トンネルの「普通職人」が、経験を積むことにより覚えるスキル・技、それと奥義。

 

覚えなくてはならない基本技

LV1:セグメント(組立技)

シールドマシンで掘った後、工場で作られた「セグメント」と呼ばれる、円弧状のブロックを筒状に組み立てる技。鋼製、コンクリート製、鋳鉄製と、いろんな種類の技がある。

 

LV2:エレクター(操作技)

セグメントを組み立てるときに使う、360度回転する油圧ジャッキのような機械の操作技。あの重い1ピースのセグメントを、軽々と持ち上げる力持ちだ!

 

できれば覚えたい特殊技

奥義:土竜のうごき(神奥義)

土竜(もぐら)に例えられる素早い奥義のことで、ヤマ(地山)が良いときに掘れるだけ掘る、非常にサバける技。一日に10m進むと、日給10万円にもなるという、すごい奥義。

 

 

5.特長(セグメント組立のプロの性格)

トンネルの「普通職人」の良いところ、悪いところ、などなど。

 

良いところ

何といっても、短期間で高収入を得るには、この職業しかない。

 

悪いところ

盆と正月しか地元に帰れない。そのため家庭持ちには「不向き」な職業。

 

社会的地位

「メタルカラー」と呼ばれる、中流階級の一員。給料面だけを見ると、中流階級の中でも「最上位」の地位を持つ。

 

生き残り

早々、うまい話ばかりが続くわけがなく、昔に比べると「1リング単価」も減少していると聞く。しかし、それでも一般土木作業員と比べてもはるかに高い。何事も「継続」こそが、生き残る秘訣である。

 

 

6.転職(セグメント組立のプロの将来)

この職業を極め!進化し!転職せよ!

 

まずは・・・

トンネルの普通職人で【セグメント組立のプロ】から始めよう。

なりかた1:トンネルの出稼ぎに出て10年以上の経験を持つ。

なりかた2:ずい道等の掘削・覆工作業主任者(技能講習)の資格を持つ。

なりかた3:生涯「独り者」で、いる予定。

 

そのあと・・・

修業を行い、上級の位である【地底界の坑夫長】に進化しよう!

なれる条件1:トンネルの出稼ぎに出て20年以上の経験を持つ。

なれる条件2:シールド工法において、わからない作業はない。

なれる条件3:いろんな作業員の取り扱いには、慣れている。

 

さらに・・・

さらなる高みを目指し、ほかのジョブへと転職!!

おすすめの転職先1:もしも、結婚して家族ができ、出稼ぎに出るのが嫌になったら、地元に戻り【土木の職人】として、頑張ろう!

おすすめの転職先2:トンネル工事での現場経験を活かし【特定土木の監督】と言われる、元請け(大手ゼネコン)の職員になる。

 

 

7.総括(セグメント組立のプロのまとめ)

そうかつという名の感想。

 

まとめてみた

トンネル工事の職人と呼ばれる、シールド工法専門の仕事師。

今までいろんな仕事を見てきたが、彼らに勝る給料取りは、見たことがない。

もしも、

短期間でお金が欲しくて、独り者で、トンネルの仕事があったら、

迷わず行けよ。行けばわかるさ。

 

捗。

 

ほかのトンネル工事の職業を見てみる。