ケンセツクエスト~建設界の神々~

【伝説の職人】に【あこがれの所長】や【幻の秘書】など・・・建設業の職業紹介!

トンネルの上級作業員!【地上界の坑夫】と言う裏の仕事!

f:id:panboku409:20180321180213p:plain

「トンネル界の舞台裏をささえる?少し変わった職の話!!」

 

・地上界の坑夫とは?

通常、坑内で作業する坑夫が、裏方作業である発進立坑で、仕事の準備を行う者のこと。

普通の坑夫より、知識が豊富でないと務まらないポジションでもある。

そして、その作業内容は、

「楽である」の一言に尽きる。

そんな、彼の仕事ぶりを見てみよう!

 

・そのほかのトンネル工事の職業を見てみる。 

神級職人の【地上界の坑夫長】

上級職人の【地底界の坑夫長】

普通職人の【セグメント組立のプロ】

普通運転手の【バッテリカーの運転士】

上級作業員の【地上界の坑夫】

普通作業員の【地底界の坑夫】

 

 

1.職業(地上界の坑夫の仕事)

トンネルの「上級作業員」の基本的な内容の解説。

 

基本のステータス

名前:地上界の坑夫

LEVEL:10

HP:30

MP:0

経験値:3650(次のレベルまであと365)

 

業界:建設業

種族:土木系

業種:トンネル工事業

職業:作業員(正式名:トンネル作業員)

階級:上級の位

 

おもな仕事と思われる内容

操作を使った作業が主である。

1.セグメントをピースごとに台車に積み込む作業。

2.枕木、レールを台車に積み込む作業。

3.立坑内の土砂ピットにたまった泥土を、クラブバケットを使ってすくい上げる作業。

4.台車を入れ替えるためのトラバーサーの操作。

5.地上建屋内のバッチャープラントにて、裏込め材を送る作業。

6.あと、暇なときは椅子に座って一服。

以上が、作業内容。

内容を見るだけでも、楽そうな仕事でもある。

 

 

2.能力(地上界の坑夫の強さ)

トンネルの「上級作業員」に必要な、色々な基本能力値と解説

総合能力値:20ポイント(60ポイント中)

 

ちから(力)

力: 2 ☆☆

すべての作業は、天井クレーンを使って行うため、操作ボタンを押せる「指力」があればいい。

 

うでまえ(技前)

技: 5 ☆☆☆☆☆

天井クレーンの技を覚えなければならないが、意外と簡単だ。すぐ慣れる。

 

たいりょく(体力)

体: 2 ☆☆

いらない。走り回る事すらない。楽な仕事だが、立坑の昇降階段はきついぞ!

 

かしこさ(賢さ)

賢: 2 ☆☆

要らないし、必要ない。資材の種類を覚えられれば良い。

 

ざいりょく(財力)

財: 6 ☆☆☆☆☆☆

トンネルの仕事だけあって給料は高い。常用でも20000円はもらえる。楽な仕事だ。

 

こころのつよさ(心の強さ)

心: 3 ☆☆☆

普通の作業員並みの強さがあればいい。精神的につらいことは、まずない!

 

 

3.装備(地上界の坑夫の持ち物)

トンネルの「上級作業員」が装備できる武器、防具、その他の種類

 

ぶき(武器)

専用の武器:床上式の天井クレーン

普通の武器:床上式のクラブバケット

 

ぼうぐ(防具)

防具(頭):安全第一のヘルメット

防具(手):耐油性のゴム手袋

防具(体):あまり汚れていない作業服

防具(足):耐油性のかね入り長靴

 

そのた(その他)

装飾品1:連絡用の電話

装飾品2:安全笛

乗り物:移動用箱バンの後部席

 

 

4.特技(地上界の坑夫の得意技)

トンネルの「上級作業員」が、経験を積むことにより覚えるスキル・技、それと奥義。

 

覚えなくてはならない基本技

LV1:天井クレーン(操作技)

一番作業で使う技。建屋に取り付けられた東西南北に動く「床上式クレーン」を使って、セグメントを下ろしたり、レールを下ろしたり、と、いろいろ忙しい技。

 

LV2:クラブバケット(操作技)

次に使われる技。天井クレーンに取り付けられた「つかみ機」を使って、土砂ピットに溜まった泥土を上げまくる。

 

LV3:裏込注入(操作技)

最も難しい技。掘削した後の地山とセグメントの隙間を「セメントミルク」を使って埋め尽くすのが目的である。しかもその技は、セメントを配合するのが難しいとされる。

 

できれば覚えたい特殊技

奥義:ネムリ(禁断技)

やってはいけない奥義。夜間作業の時にしか使えない奥義で、誰もいない立坑での作業時に、隙を見て「さぼる行為」を行うことを言う。

 

 

5.特長(地上界の坑夫の性格)

トンネルの「上級作業員」の良いところ、悪いところ、などなど。

 

良いところ

立坑での後方作業であるので、切羽で戦争のような作業をしなくてよい。

地上建屋、発進立坑が主な仕事場で、一人での作業が多く気楽でよい。

昼間作業の時、唯一、太陽の光が浴びれる職業。

 

悪いところ

さみしい。一人での作業のため、夜間作業の時は、特につらい。

坑内で、今、何が起こっているのかわからない。そのために孤独。

 

社会的地位

「坑夫=人夫」である。ブルーカラーの労働階級(下級)であることには変わりない。一般社会的には、地下での作業であるため、存在すら知られていない。

 

生き残り

微妙な職業である。トンネル工事自体、たくさんある時は仕事があるが、工事がない時には仕事を「休め」と言われる。そうならないためにも「切磋琢磨」は欠かせない。

 

 

6.転職(地上界の坑夫の将来)

この職業を極め!進化し!転職せよ!

 

まずは・・・

トンネルの上級作業員で【地上界の坑夫】から始めよう。

なりかた1:坑内(切羽)での作業員経験が10年を超える。

なりかた2:坑外(立坑)での資材準備係の作業員に空きが出た。

なりかた3:最前線で戦うより、後方からの支援が向いていると思う。

 

そのあと・・・

切羽~立坑の作業をマスターした後は【バッテリカー運転士】に進化しよう!

なれる条件1:軌道装置運転車作業者(特別教育)の教育を受けた。

なれる条件2:バッテリカー(電動式機関車)の仕組みについて十分理解している。

なれる条件3:とにかく「楽な仕事がしたい」と思っている。

 

さらに・・・

さらなる高みを目指し、ほかのジョブへと転職!!

おすすめの転職先1:出稼ぎでの仕事に愛想をつかしたアナタへ、地元へ戻り【土木の作業員】から始めるとよい。

おすすめの転職先2:一般土木作業員のワンランク上に当たる【特定土木の作業員】はどうだろうか?

 

 

7.総括(地上界の坑夫のまとめ)

そうかつという名の感想。

 

まとめてみた

トンネル作業員の上級職にあたる職業。

地底界の仕事に就いて、間もない者には憧れの職業である。

はたから見ると「楽」そうに見えるが、実際には「楽」そのもの。

前線で戦っている「切羽の戦士」たちに比べても、作業量はそれほどでもない。

「個人的には最高の職業である」といえる職業である。

 

楽。

 

ほかのトンネル工事の職業を見てみる。