ケンセツクエスト~建設界の神々~

【伝説の職人】に【あこがれの所長】や【幻の秘書】など・・・建設業の職業紹介!

トンネルの神級職人!【地上界の坑夫長】と言う神職!

f:id:panboku409:20180322201302p:plain

「ゼネコン職員と、同等の特殊能力を持つ職人!!」

 

・地上界の坑夫長とは?

トンネルの職人でありながら、「中央操作室」と呼ばれる、地上建屋内に建てられた「快適な部屋」で、シールドマシンを操作する職業の人。

坑内切羽の職人と連携を取り、シールドマシンを変幻自在に操る!

もしかしたら、

現場監督に、一番近い職人かもしれない。

 

・そのほかのトンネル工事の職業を見てみる。 

神級職人の【地上界の坑夫長】

上級職人の【地底界の坑夫長】

普通職人の【セグメント組立のプロ】

普通運転手の【バッテリカーの運転士】

上級作業員の【地上界の坑夫】

普通作業員の【地底界の坑夫】

 

 

1.職業(地上界の坑夫長の仕事)

トンネルの「神級職人」の基本的な内容の解説。

 

基本のステータス

名前:地上界の坑夫長

LEVEL:30

HP:60

MP:30

経験値:10950(次のレベルまであと365)

 

業界:建設業

種族:土木系

業種:トンネル工事業

職業:職人(正式名:トンネル世話役)

階級:神級の位

 

おもな仕事と思われる内容

中央操作室での遠隔操作による、シールドマシンの制御。

坑内切羽の機側操作係の職人との、スカイプ(モニター会話)を使ったやり取り。

監視モニターを見ながらの、異常がないかの確認。

コンピュータトラブルによる、緊急解決。

組の職員との雑談。

以上である。

 

 

2.能力(地上界の坑夫長の強さ)

トンネルの「神級職人」に必要な、色々な基本能力値と解説

総合能力値:36ポイント(60ポイント中)

 

ちから(力)

力: 3 ☆☆☆

力は、もう二度と使うことはない。パソコン操作が主な仕事だ。

 

うでまえ(技前)

技: 8 ☆☆☆☆☆☆☆☆

ブラインドタッチはもちろんのこと、パソコン操作技術は欠かせない。

 

たいりょく(体力)

体: 3 ☆☆☆

体力は、もう二度と使うことはない。部屋の中での作業が主な仕事だ。

 

かしこさ(賢さ)

賢: 7 ☆☆☆☆☆☆☆

計算や暗記に使われる「左脳」と、経験や感覚に使われる「右脳」の両方の賢さが必要。それにプラスして、コンピューターに関しての高い知識が必要になる。

 

ざいりょく(財力)

財: 8 ☆☆☆☆☆☆☆☆

出来高払いと言われる「1リングいくら?」の給料制であるので、掘れる時には、年収1000万円を超える者も・・・

 

こころのつよさ(心の強さ)

心: 7 ☆☆☆☆☆☆☆

シールドマシンと言う機械は、構造上「後進」ができないので失敗が許されない。だから、計器のわずかな「変化」を見逃すことも、マシンのわずかな「挙動」を見逃すこともできない。精神的に疲れるぞ。

 

 

3.装備(地上界の坑夫長の持ち物)

トンネルの「神級職人」が装備できる武器、防具、その他の種類

 

ぶき(武器)

専用の武器:中央操作室の制御盤

普通の武器:マシン制御用パソコン

 

ぼうぐ(防具)

防具(頭):匂いがいい整髪料

防具(手):高そうな腕時計

防具(体):アイロンのきいた作業服

防具(足):ローファーな革靴

 

そのた(その他)

装飾品1:ネクタイ

装飾品2:ハンカチ

装飾品3:チリガミ

乗り物:移動用の高級乗用車

 

 

4.特技(地上界の坑夫長の得意技)

トンネルの「神級職人」が、経験を積むことにより覚えるスキル・技、それと奥義。

 

覚えなくてはならない基本技

LV1:中央操作室制御(操作技)

シールドマシンを動かすための機器が並べられた部屋で、遠隔操作を行い制御する技。数ある機器や計器の、操作方法を学ばなければならない、相当頭がいる操作。

 

LV2:シールド・コラボ(合体技)

地上建屋で操作する「匠(神級職人)」と、坑内切羽で操作する「巧(上級職人)」が、互いの技を駆使して、シールドマシンをバランスよく進めていく技。相手を思いやる心が必要不可欠。

 

LV3:シールド・コンボ(連続技)

昔は、シールドマシンでの掘削が終わるまでセグメントの組み立てができなかった技を、最新技術を使うことによって、掘削しながら組み立てるという、時間短縮に有効な技。

 

LV4:シールド・フュージョン(融合技)

二つの独立したシールドマシンを、現代科学の結晶により、一つのマシンに融合させた工期短縮に有効な技。しかし、機体は一つになったが、操作は2倍の技術が必要である。

 

できれば覚えたい特殊技

奥義:栄転出向(出世技)

中央操作室で、シールドマシンの操作を何年も行い続けている間、知らず知らずのうちに、組の職員(ゼネコンの監督)になる奥義のこと。うまくいくと、出向(派遣)ではなく、正社員になれるかも!

 

 

5.特長(地上界の坑夫長の性格)

トンネルの「神級職人」の良いところ、悪いところ、などなど。

 

良いところ

職人のくせに、冷暖房完備の事務室で作業ができる。

職人のくせに、坑内に入って作業しなくともよい。

職人のくせに、給料が「べらぼう」に高い。

 

悪いところ

職人の割には、力がない。

職人の割には、体力もない。

職人の割には、運動不足。

 

社会的地位

はたから見ると、組の職員のように見え「ホワイトカラー」と呼ばれる、上流階級と思われている。が、それは違う。実際には、「メタルカラー」と呼ばれる中流階級で【勝ち組】だ!!

 

生き残り

所属が大手ゼネコンではなく、その下請け業者に属しているため、短期的には生き残れるが、長期的な目で見ると、大手ゼネコンのようには安定はしていない。

 

 

6.転職(地上界の坑夫長の将来)

この職業を極め!進化し!転職せよ!

 

まずは・・・

トンネルの神級職人で【地上界の坑夫長】から始めよう。

なりかた1:今まで掘ってきたトンネルの数は、30本を超える。

なりかた2:組の職員(特定土木の監督)たちから絶大な信頼を得ている。

なりかた3:シールドマシンは「我が子」のようなものだ。

 

そのあと・・・

今までの経験を生かして、究極の職業【トンネル工事の社長】に進化しよう!

なれる条件1:建設業の許可を取るために「資金500万円」を用意する。

なれる条件2:営業所の「専任技術者」になるために資格を取る。

なれる条件3:思い切って「独立開業」する。

 

さらに・・・

さらなる高みを目指し、ほかのジョブへと転職!!

おすすめの転職先:仕事内容自体は、組の職員と同じことをしているので、そのままの流れで【特定土木の監督】に転職する。

 

 

7.総括(地上界の坑夫長のまとめ)

そうかつという名の感想。

 

まとめてみた

建設業界で「最強の職業」と思われる、トンネル工事の神職人。

誰もが憧れ、うらやましく思うのが、本音であろう。

しかし、

そう簡単になれるわけでもなく、長い時間と経験があればこその職業。

ゆえに、「神級の位」が与えられているという。

と、いうことです。

 

頂。

 

ほかのトンネル工事の職業を見てみる。