ケンセツクエスト~建設界の神々~

【伝説の職人】に【あこがれの所長】や【幻の秘書】など・・・建設業の職業紹介!

【トンネル工事業】土竜色のシールドマシンとは?どういう会社?

f:id:panboku409:20180324200756p:plain

「地底界を支配する!闇を選びし集団!!」

 

・土竜色のシールドマシンとは?

地上での生活を捨て、地底で暮らすことを選び、太陽と決別した穴掘り専門の集団のこと。

地中の中に道を作ることで、生計を立てているそうだ。

地下の作業では、岩盤すら破壊する特殊な能力を持っている。

その職業は、まさに「土竜(モグラ)」だ。

そして、

【土】系の属性を持ち、【土】の色が、好きだそう!

 

 

1.任務~トンネル工事の仕事~

【トンネル工事業】という任務を遂行する者の仕事内容など。

 

基本情報

俗称:土竜色のシールドマシン

業界:建設業 0301

種族:土木系

業種:トンネル工事

許可の規模:一般

許可の種類:と

 

トンネル工事業の特長

一口に「トンネル」と言ってもいろんな掘り方がある。

それでは見てみよう!

山岳工法:古くから使われる「人力、機械、発破」を使いながら掘り進む、伝統的な掘り方で、山を掘るのが得意。

NATM工法:山岳工法を進化させ、直接地山を掘っていく、近代的な掘り方で、山の中を掘るのが得意。

シールド工法:最新の技術を駆使し、鉄の筒の中を掘っていく、流行的な掘り方で、地下の中を掘るのが得意。

開削工法:地面を全部掘ってからトンネルを埋める、大富豪的な掘り方で、広い空き地を掘るのが得意。

沈埋工法:海や川の中にトンネルを直接埋める、奇天烈(キテレツ)な掘り方で、水の中が得意。

とまぁ、

いろんな方法があるが、シールド工法が大人気なのは確かだ!

 

メインとなるトンネル工事の種類と割合

シールド工法しか行わない。というよりも、そのほかの工法はやったことがない。

山岳工法:0%

NATM工法:0%

シールド工法:100%

開削工法:0%

沈埋工法:0%

 

公共工事と民間工事の比率

そのすべての工事が公共事業で行われ、官公庁主体の工事。そりゃー、個人でトンネルを掘る人はいないでしょう。

公共工事の比率:100%

民間工事の比率:0%

 

元請けと下請けの割合

完全に大手ゼネコン会社に依存している。そもそもであるが、入札に参加できる資格すらない。

元請け率:0%

下請け率:100%

 

自社施工と外注施工の割合

自社施工オンリーである。

自社施工率:100%

外注施工率:0%

 

 

2.基地~トンネル会社の能力~

それではトンネルの会社内部を格付けしてみた!

評価が高い順に「SS、S、A、B、C」の5段階。

 

規模力:Bランク

トンネル工事のすべてをゼネコンに依存している小規模な会社。一班5名ほどのチームを組み、3交代制で一つの現場を進めていく。従業員20~30人の小さな規模。

 

設備力:Cランク

トンネル工事で使われる機材のほとんどが、元請けのゼネコンからの支給品である。よって、設備力は必要ない。

 

人員力:Aランク

「マンパワー」と呼ばれる、人の潜在能力を引き出すことが必要な職業だけに、それなりの人員は必要だ。

 

資金力:Cランク

資機材に金がかからないので、まとまった資金はいらない。しかも、大手ゼネコンが相手なので心配もいらない。

 

管理力:Cランク

まったくダメ。管理能力は、ほぼ無いと思ってもらいたい。

 

専門力:SSランク

「人夫」と呼ばれず「坑夫」と呼ばれるだけあって、専門性はトップレベル。トンネル専門の「坑夫のみ」で結成されており、誰にも真似できない技を持つ。

 

 

3.組織~トンネル業者の系譜~

トンネル工事の任務を【遂行】するのに必要な職業と階級を紹介!

 

トンネルの職人

「地底界の支配者」と言われており、坑夫達を従え莫大な利益を生み出すのがこの職人たち。出来高による給料制度が魅力の一つ。

神級職人の【地上界の坑夫長】

上級職人の【地底界の坑夫長】

普通職人の【セグメント組立のプロ】

 

トンネルの運転手

電動式機関車と呼ばれる工事用の電車に乗って、資材を運搬する運転手のこと。時には、坑夫達を乗せるので、「車掌さん気分」が味わえる。

普通運転手の【バッテリカーの運転士】

 

トンネルの作業員

出稼ぎと呼ばれる仕事で、まず最初に始める職業。職人たちの手伝いと雑用が主な仕事。

上級作業員の【地上界の坑夫】

普通作業員の【地底界の坑夫】

 

 

4.資格~トンネルの業に必要な証~

トンネル工事の【業】を使うにあたり最低限必要な免許や資格!

 

建設業の許可

大手ゼネコンの下請け工事を専門に取り扱うので、建設業の許可を持っていないと門前払いされる。以下の許可は必ず取っておくこと!

とび・土工工事業(専門)

 

施工管理系の資格

施工管理は、元請の職員が行うものなので、特に必要はない。

なし

 

現場作業系の資格

トンネル工事を行うにあたり、最低限必要な作業系の資格たち。中には、ゼネコン会社で取らせてもらえる特別教育がある。

床上操作式クレーン運転(技能講習)

玉掛作業(技能講習)

ずい道内作業者(特別教育)

軌道装置動力車運転者(特別教育)

 

作業主任者系の講習

職人になる者が持っておきたい主任者系の資格。「一次覆工の掘削」と「二次覆工の覆工」の2種類にに分かれる。

ずい道等の掘削作業主任者(技能講習)

ずい道等の覆工作業主任者(技能講習)

 

自動車系の免許

トンネル工事では、車は一切使わない。と言うより使えない。そのため免許は持っていなくてもよい。

なし

 

 

5.格納庫~大きな機械の倉庫~

トンネル工事の【武器】であり、最も活躍する建設機械や工事車両の種類!

 

トンネル専用機

まさに、トンネルを掘るためだけに制作された「一品特注」の機械。価格にして約10億円。ただし、ゼネコンの会社から支給されます。ご安心を・・・

シールドマシン

バッテリカー

 

トンネル汎用機

あの、重い資材を軽々と運ぶ機械。この機械たちにより、作業員達の労力が軽減される。

天井クレーン

門型クレーン

 

トンネル小型機

時には「鍛冶屋」の真似事をしなければならない。特に、鏡開きに使われる「ジェットランス」の威力は絶大で、鉄をも溶断すると言われる。

アーク溶接機

ガス切断機

ジェットランス

 

工事車両系

特にない。通常、運搬には「電動式機関車」と言う、工事用の電車が使われる。

なし

 

 

6.道具箱~小さな工具の小物入れ~

トンネル工事には欠かせない【小道具】の数々!

 

工具系の道具

作業員と職人が主に使う道具。セグメントを組み立てるのに役に立つ。が、数はそれほど多くはない。

セグメントレンチ

メガネレンチ

ポンチ

 

測量系の道具

測量系の道具は一切使わない。と言うより、測量は全部ゼネコンの職員がやってくれる。

なし

 

 

7.まとめ~要約してみる~

トンネル工事の業(わざ)と言うものを、まとめてみました。

 

感想を書いてみる。

トンネル工事とは・・・

一般の人の目には、決して触れることのない、特殊中の特殊工事。

まさか、あなたの足元を掘っているなんて思ってもいないでしょう。

しかし、

彼らの活躍なくしては、人類の快適さも手に入らなかっただろう・・・

田舎に住む人は別だが。

 

 

  

謝謝。