ケンセツクエスト~建設界の神々の職業を求めて~

【伝説の土木職人】に【あこがれの現場所長】や【幻の事務員秘書】など・・・さまざまな建設業の業種と職業の紹介!

下水道の普通職人!【下水道の配管工】とは!どんなことをする?

f:id:panboku409:20180113195126p:plain

「公共下水道を極めたパイプ配管屋!」

 

・下水道の配管工とは?

公共事業のインフラ整備の一環である「排水」を受け持つ施工業者の従業員で、管をつなぐ係の人のこと。

排水管の勾配に命を懸け、接続のみを、極めた職人!

彼に言わせれば、「上水道の布設なんて楽勝だ!」

と、

言い放つ職業だ。

 

・そのほかの下水道工事の職業も見てみる。 

監督で普通【下水道専門の技術者】

職人で普通【下水道の配管工】

運転手で普通【土留工の重機オペ】

作業員で普通【下水道の人夫】

 

 

1.職業(下水道の配管工の仕事)

下水道の「普通職人」の基本的な内容の解説。

 

基本のステータス

名前:下水道の配管工

LEVEL:10

HP:40

MP:20

経験値:3650(次のレベルまであと365)

 

業界:建設業

種族:土木系

業種:下水道工事業

職業:職人(正式名:配管工)

階級:普通の位

 

おもな仕事と思われる内容

公共下水道という、公道内に布設される、下水道管の配管作業。

マンホールという、点検桝の設置。

あとは、

下水道工事にかかわる作業全般。指揮指導段取準備色々。

 

 

2.能力(下水道の配管工の強さ)

下水道の「普通職人」に必要な、色々な基本能力値と解説

総合能力値:32ポイント(60ポイント中)

 

ちから(力)

力: 5 ☆☆☆☆☆

職人レベルになると「てこの力」を利用するので、力は普通で良い。

 

うでまえ(技前)

技: 7 ☆☆☆☆☆☆☆

数多くある、配管の接続技を、素早く使えなければならない。

 

・たいりょく(体力)

体: 5 ☆☆☆☆☆

土留で囲まれた、狭い床掘の中での作業となるので、それなりの体力が必要だ!

 

・かしこさ(賢さ)

賢: 5 ☆☆☆☆☆

設計図や、高低差測量が、できるくらいの賢さは、必要だろう。

 

・ざいりょく(財力)

財: 5 ☆☆☆☆☆

職人になると、職人単価で給料がもらえるはずだ!日給15000円くらい。

 

・こころのつよさ(心の強さ)

心: 5 ☆☆☆☆☆

ミリ単位の精度が必要とされる、下水道管の布設作業で、それ相応な集中力が要求される。

 

 

3.装備(下水道の配管工の持ち物)

下水道の「普通職人」が装備できる武器、防具、その他の種類

 

ぶき(武器)

専用の武器:管芯測定器カンシンクン

普通の武器:パイプ挿入機ソウニュウサン

 

ぼうぐ(防具)

防具(頭):職長のヘルメット

防具(手):半分ゴムの手袋

防具(体):年季の入った作業服

防具(足):鉄のはいった長靴

 

そのた(その他)

装飾品1:点検ミラーライト

装飾品2:清掃用スポンジボール

乗り物:工具が積まれた軽トラック

 

 

4.特技(下水道の配管工の得意技)

下水道の「普通職人」が、経験を積むことにより覚えるスキル・技、それと奥義。

 

覚えなくてはならない基本技

LV1:下水道配管(腕技)

公共の下水道本管の配管技術のことで、硬質塩化ビニル管(VU)を使った配管技のこと。接続自体、上水道に比べると簡単だが、勾配を合わせる作業が大変だ。

 

LV2:マンホール設置(腕技)

「人孔」と呼ばれる、人が入れる点検用の桝を据え付ける作業技。どこの下水道でも、本管の折れ点部分や、直線でも一定間隔に設置するようになっている。

 

LV3:支管取付(腕技)

下水道本管から、宅内の1m付近に設置する「公共桝」までの配管技。いろいろな接続方法があり、本管接続よりも難しい技の一つ。

 

できれば覚えたい特殊技

奥義:水神のレベル(最終技)

配管時に、並べられた下水管を見ただけで、その勾配の角度が一発でわかる、オートレベルいらずの最終技。しかし、そんなことができるくらいなら、「監督はいらない」とても経済的な奥義である。

 

 

5.特長(下水道の配管工の性格)

下水道の「普通職人」の良いところ、悪いところ、などなど。

 

良いところ

「俺がいないと現場が回らない」と思える。

「配管職人」の称号を与えられる。

 

悪いところ

下水管の配管は、狭い床掘の中での作業となり、つらい。しかも、土留工の切梁があると、さらにつらい。

ミリ単位の施工をしないといけないので、作業中の心配事が多い。

 

社会的地位

この職人の階層は、「メタルカラー」と呼ばれる中流階級に位置し、作業員や運転手よりも一個上の階層に当たる。が、一般世間的には区別がつかない

 

生き残り

下水配管の専門職だけに、生き残れるのは確実だ!下水道工事には欠かせない職業。

 

 

6.転職(下水道の配管工の将来)

この職業を極め!進化し!転職せよ!

 

まずは・・・

下水道の普通職人で【下水道の配管工】から始めよう。

なりかた1:下水道工事に携わり、もう10年がたつ。

なりかた2:配管の種類、継ぎ手の接続方法など、完璧にマスターしている。

なりかた3:下水道の配管職人で、生きていこうと決めた。

 

そのあと・・・

修業を行い、上級の位の【下水配管の達人】に進化しよう!

なれる条件1:下水道工事に携わり、もう20年が経過する。

なれる条件2:目をつぶってでも、配管ができる。

なれる条件3:この先、ほかの業種に転職する気はない。

 

さらに・・・

さらなる高みを目指し、ほかのジョブへと転職!!

おすすめの転職先:さらに難しい配管工の【上水道の職人】にチャレンジしてみる。

おすすめの転職先:建築の給排水の専門家【機械設備の職人】に変身してみる。

 

 

7.総括(下水道の配管工のまとめ)

そうかつという名の感想。

 

まとめてみた

下水道の配管職人。

ぼく自体の感想では、配管職人というのは、とても過酷な職業に思えます。

なぜかというと、

上水道の場合には、多少、水道管の高さが変わっても、品質には影響がないけれど、

下水道の場合には、水上と水下の差が逆勾配になると、その場所に水がたまり、最悪、汚物がたまる。

しかも、

勾配は1mにつき3~5㎜の傾きであるため、土木工事では、考えられない精密の作業である。

そして、

今現在に至り・・・

ぼくの現場経験の中で、一度だけ、下水道工事の施工をしましたが、

「もうこんな難しい下水道工事、二度とできない」

と思った職業の一つです。

 

下水道の業種で作業する人は、すごいな・・・

 

ほかの下水道工事の職業も見てみる。

 

 凄。