ケンセツクエスト~建設界の神々の職業を求めて~

【伝説の土木職人】に【あこがれの現場所長】や【幻の事務員秘書】など・・・さまざまな建設業の業種と職業の紹介!

特定土木の上級監督!【ICT土工の技術者】のお仕事拝見!

f:id:panboku409:20171230111303p:plain

「近未来のIT系、現場監督!」

 

・ICT土工の技術者とは?

土木界の最新技術を駆使して、コンピュータで現場を作り上げる「情報通信技術」を使える現場監督のこと。

3億を超える工事や、50000m3以上の土工が対象となり、3次元データを片手に、公共土木工事の指揮をとる。

 

※アイ・コンストラクションとは?

建設現場の生産性を向上させることを目的とした、国交省が推進する取り組み。

「測量~設計~施工~管理」に至る全プロセスに、情報化施工の技や、三次元設計ツールを用いて、建設工事を完成させる技術のこと。

 

・ほかの特定土木工事の職業も見てみる。 

監督で神級【スーゼネの神所長】

監督で上級【ICT土工の技術者】

監督で普通【一土施技士の現場員】

監督で初級【使いパシリの土木現場員】

作業員で普通【土木雑工の人夫】

 

 

1.職業(ICT土工の技術者の仕事)

特定土木工事の「上級監督」の基本的な内容の解説。

 

基本のステータス

名前:ICT土工の技術者

LEVEL:10

HP:55

MP:30

経験値:3650(次のレベルまであと365)

 

業界:建設業

種族:土木系

業種:特定土木工事

職業:監督(正式名:監理技術者)

階級:上級の位

 

おもな仕事と思われる内容

「ICT土工」と言われる、情報通信技術に特化した、現場の施工管理。

主に、

ICT土工用の施工計画書(起工測量編)の作成。

UAV(無人航空機)や、TLS(地上式レーザースキャナー)を使っての起工測量。

3D専用ソフトを使って、3次元設計データの作成と照査。

ICT土工用の施工計画書(工事編)の作成。

TS(トータルステーション)や、GNSS(旧GPS)を使った出来形管理。

3DCADソフトを使用した、出来形数量の算出。

以上のことを、電子成果品として、発注者に提出。

と、

まぁ、土木業界の常識を覆すような、仕事内容である。

 

 

2.能力(ICT土工の技術者の強さ)

特定土木の「上級監督」に必要な、色々な基本能力値と解説

総合能力値:41ポイント(60ポイント中)

 

ちから(力)

力: 5 ☆☆☆☆☆

測量や書類作りが主な仕事で、力を使うことはあまりない。

 

うでまえ(技前)

技:10 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

最高レベルの技術を持ち、建設界最強の「測量技」の使い手。

 

たいりょく(体力)

体: 5 ☆☆☆☆☆

一般的な体力があれば十分だ。

 

かしこさ(賢さ)

賢: 9 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コンピュータに精通し、パソコンを使って、様々な書類を作れる頭の良さが必要。

 

ざいりょく(財力)

財: 5 ☆☆☆☆☆

このクラスになると、一般土木監督の給料をはるかに超える。年収にして700万円を超える。

 

こころのつよさ(心の強さ)

心: 7 ☆☆☆☆☆☆☆

上級職だけに、「精神力、忍耐力」と、心の強さが要求される。

 

 

3.装備(ICT土工の技術者の持ち物)

特定土木の「上級監督」が装備できる武器、防具、その他の種類

 

ぶき(武器)

専用の武器:地上式レーザースキャナー(TLS)

普通の武器:オートCAD civil 3D

 

ぼうぐ(防具)

防具(頭):三本線のヘルメット

防具(手):監理技術者の腕章

防具(体):監督らしい作業服

防具(足):高級な半長靴

 

そのた(その他)

装飾品1:TS(プリズム式)

装飾品2:TS(ノンプリズム式)

装飾品3:SSDのノートパソコン

乗り物:高級なライトバン

 

 

4.特技(ICT土工の技術者の得意技)

特定土木の「上級監督」が、経験を積むことにより覚えるスキル・技、それと奥義。

 

覚えなくてはならない基本技

LV1:UAV(測量技)

空中写真測量(無人航空機)のことで、「ドローン」と呼ばれる撮影機能を持った機器で、上空から現場を撮影し、データ解析する技術のこと。

 

LV2:TLS(測量技)

「地上式レーザースキャナー」と呼ばれる機器を操作し、レーザーで現場の地形を解析する技のこと。

 

LV3:TS(測量技)

「トータルステーション」を使った角度と距離を測る技で、プリズム式とノンプリズム式がある。

 

LV4:GNSS(測量技)

全地球測位衛星システムのことであり、以前は「GPS」と呼ばれていた測量方法。衛星を使って現場の測量を行う。

 

LV5:ULS(測量技)

「無人航空機搭載型レーザースキャナー」と呼ばれ、ドローンにレーザースキャナーを搭載した機器の操作技。

 

LV6::3DCAD(書類技)

「三次元図面作成ソフト」のことで、現場で測量して集めたデータを使って、立体的に図面を作成する技。高度な操作と賢さが必要である。

 

できれば覚えたい特殊技

奥義:アンドロイド(夢の奥義)

このまま技術が進歩し、人型のロボットが工事現場で作業する、未来の施工方法。何かの漫画で見たような世界の話。

 

 

5.特長(ICT土工の技術者の性格)

特定土木の「上級監督」の良いところ、悪いところ、などなど。

 

良いところ

大規模土木の最新技術が学べる。

日本の国家プロジェクトに参加できる。

 

悪いところ

ここまでくる道のりが、とてつもなく長い。

工事現場のスケールが壮大なので、その分、責任もかなり大きい。

 

社会的地位

建設業界の中でも、最上位の現場監督である。「ホワイトカラー」と言われる上流階級に分類される。

 

生き残り

最近始まったばかりの「アイ・コンストラクション」の取り組みなので、今から伸びしろがある分野である。

 

 

6.転職(ICT土工の技術者の将来)

この職業を極め!進化し!転職せよ!

 

まずは・・・

特定土木の上級監督で【ICT土工の技術者】から始めよう。

なりかた1:ICT土工の技術について、ほとんどマスターしている。

なりかた2:会社が「ICT土工」の対象工事を受注する。

なりかた3:コンピューターの操作に自信がある。

 

そのあと・・・

修業を行い、上級の位の【スーゼネの神所長】に進化しよう!

なれる条件1:スーパーゼネコンの会社に転職する。

なれる条件2:10億以上の土木工事を会社が受注する。

なれる条件3:今まで、ダムやトンネルや橋などの、大規模な工事を施工した実績がある。

 

さらに・・・

さらなる高みを目指し、ほかのジョブへと転職!!

おすすめの転職先:神と呼ばれる「所長」以外の職業は、今のところ見つからない。

 

 

7.総括(ICT土工の技術者のまとめ)

そうかつという名の感想。

 

まとめてみた

特定土木工事の監督となった、ICT土工の技術者・・・

すさまじい勢いで、発展を遂げようとしている建設業界。

その、最先端技術の使い手なり!

この先、もっと技術が進み、建設現場から人間が消えるかもしれません。

100年後・・・

映画「ターミネーター」のような世界が、近い未来に訪れようとしている。

 

ほかの特定土木工事の職業を見てみる。 

 

未。