ケンセツクエスト~建設界の神々~

【伝説の職人】に【あこがれの所長】や【幻の秘書】など・・・建設業の職業紹介!

法面の初級職人!【法面清掃係のクライマー】の登場です!

f:id:panboku409:20180214201625p:plain

「職人のタマゴ!クレージークライマー!」

 

・法面清掃係のクライマーとは?

初めて斜面にぶら下がり、法面保護の作業を行う者のことを言う。

まだ、経験が浅く、技術的には未完成ではあるが、「高所」と呼ばれる、恐怖に打ち勝つ強い心を持っている。

今からの成長が、楽しみな職業だ!

 

・そのほかの法面工事の職業を見てみる。 

普通監督の【吹付工の現場員】

上級職人の【グラウンドアンカー工】

普通職人の【吹付工のノズルマン】

初級職人の【法面清掃係のクライマー】

上級運転手の【ロッククライムショベル・オペ】

普通運転手の【タイヤショベルの運転士】

普通作業員の【はじめての法面屋】

 

 

1.職業(法面清掃係のクライマーの仕事)

法面の「初級職人」の基本的な内容の解説。

 

基本のステータス

名前:法面清掃係のクライマー

LEVEL:3

HP:35

MP:0

経験値:1095(次のレベルまであと365)

 

業界:建設業

種族:土木系

業種:法面工事業

職業:職人(正式名:特殊作業員)

階級:初級の位

 

おもな仕事と思われる内容

斜面(自然)、法面(人工)と呼ばれる、急傾斜の現場で、親綱一本を頼りに、急傾斜の保護工事を行う作業が仕事だ!

以下に、作業を示す。

人力整正:カキ板、草刈り機、チェーンソーを使い、表面の表土や、草木を除去すること。

ラス張り:モルタル、コンクリート、植生基材の下地となる金網を張り、アンカーピンで止めること。

法枠工法:格子状コンクリートの「鉄筋・型枠」を施工すること。

が主な作業。

 

 

2.能力(法面清掃係のクライマーの強さ)

法面の「初級職人」に必要な、色々な基本能力値と解説

総合能力値:28ポイント(60ポイント中)

 

ちから(力)

力: 5 ☆☆☆☆☆

陸とは違い、斜面での作業。かなり力は要る。覚悟せよ!

 

うでまえ(技前)

技: 5 ☆☆☆☆☆

ロリップを巧みに操り、変幻自在に崖を舞う。相当な技術が必要。

 

たいりょく(体力)

体: 5 ☆☆☆☆☆

何といっても斜面の上、休憩すら、ままならない。それなりの体力はいる。(トイレは、どうするんだろう?)

 

かしこさ(賢さ)

賢: 3 ☆☆☆

いらない。左脳はほとんど使わない。その分、心の強さを鍛え上げるのだ!

 

ざいりょく(財力)

財: 4 ☆☆☆☆

初級の職人にしては、給料は高い方だ!しかも、危険手当が付くと言う噂も・・・

 

こころのつよさ(心の強さ)

心: 6 ☆☆☆☆☆☆

人間が持つ本能の一つで、「高所」の恐怖を乗り越えなければならない。そのため、心の強さが必要。

 

 

3.装備(法面清掃係のクライマーの持ち物)

法面の「初級職人」が装備できる武器、防具、その他の種類

 

ぶき(武器)

専用の武器:柄の短いかき板

普通の武器:石頭ハンマー

 

ぼうぐ(防具)

防具(頭):アゴひもが強化されたヘルメット

防具(手):皮革の手袋

防具(体):傾斜面用安全帯

防具(足):安全スパイクシューズ

 

そのた(その他)

装飾品1:ロリップ(軽作業用)

装飾品2:親綱ロープ

装飾品3:削孔用ドリル

乗り物:移動用のトラック

 

 

4.特技(法面清掃係のクライマーの得意技)

法面の「初級職人」が、経験を積むことにより覚えるスキル・技、それと奥義。

 

覚えなくてはならない基本技

LV1:高所克服(心技)

初めての職人が、最初にぶち当たる壁で、「高所恐怖症」と呼ばれる、恐怖を、克服しないといけない心の技。この心技を使えない者は、いち早く、法面の職人を辞めてもらいたい。

 

LV2:ロリップ(腕技)

自分の命を預ける、命の次に大事な安全帯の先っぽ。親綱と連動しており、手を離すとロックし、転落を防止する。この道具に「技」をプラスして、法面を自分の庭のように、駆け回る技。

 

LV3:ラス張り(腕技)

吹付工の下地となる「ラス網」と呼ばれる格子状の金網を、のり面に張っていく技。この技は、技と言うよりは、仕事である。

 

LV4:アンカーピン(腕技)

吹付工のラス網を、アンカーピンを打って固定する技。直接、抜からない時には、ハンマードリルで穿って(うがって)抜かすのである。この技も、技と言うよりは、仕事である。

 

 

できれば覚えたい特殊技

奥義:アルピニスト(違技)

仕事には、全く使えない奥義で、斜面での作業中に、ふと、「登山家になりたい!」と、覚醒し、会社を辞め、エベレスト山脈を制覇する。ちょっと違った技。

ぼくの個人的な意見だが、「夢」を目指すのもいいかもしれない・・・

 

 

5.特長(法面清掃係のクライマーの性格)

法面の「初級職人」の良いところ、悪いところ、などなど。

 

良いところ

斜面から、眺める景色は、絶景だ!

登山の「ロッククライミング」を、している気分が味わえる。

 

悪いところ

崖からぶら下がっての職業なので、いくら安全帯を装着していても、命がけの仕事だ。

とにかく高い。急傾斜で高い所では、100mを軽く超える所も。

 

社会的地位

業界での地位は、「メタルカラー」のタマゴで、中流階級の下の方に当たる。世間一般では、「あんなところに上って仕事をしている!」と、驚かれる。

 

生き残り

この職人の仕事は、陸で仕事をしている人たちにくらべて、「消えない職業」の一つである。確かに、「パッ」と行って、「サッ」とできる仕事ではない。

 

 

6.転職(法面清掃係のクライマーの将来)

この職業を極め!進化し!転職せよ!

 

まずは・・・

法面の初級職人【法面清掃係のクライマー】から始めよう。

なりかた1:高所恐怖症ではない。むしろ高い所が大好き。

なりかた2:平坦な「陸」での仕事に、飽きている。

なりかた3:登山家になりたいと、思ったことがある。

 

そのあと・・・

法面屋の主役、上級の位の【吹付工のノズルマン】に進化しよう!

なれる条件1:法面の初級職人を、10年ほど経験し、斜面を自由自在に駆け巡れる。

なれる条件2:吹付工の花形である、「ノズルマン」になりたいと、心の中で思っている。

 

さらに・・・

さらなる高みを目指し、ほかのジョブへと転職!!

おすすめの転職先1:全く別業界の職業だが、世界の山を相手に、【山脈の登山家】にジョブチェンジする。

 

 

7.総括(法面清掃係のクライマーのまとめ)

そうかつという名の感想。

 

まとめてみた

法面の職人を目指す方へ・・・

この職業は、技術云々と言うよりは、ハートの強さがモノを言います。

いくら命綱があるとはいえ、斜面にぶら下がって作業をするのは、陸の者からすると、考えられません。

そして、

建設業界には、いろいろと高所作業を行う職業がありますが、「鉄骨とび、足場とび、重量とび」とは、明らかに違う怖さがあると思われます。

御興味がある方は、一度体験してみてはいかがですか?

 

ほかの法面工事の職業を見てみる。 

 

高。