ケンセツクエスト~建設界の神々~

【伝説の職人】に【あこがれの所長】や【幻の秘書】など・・・建設業の職業紹介!

法面の普通監督!【吹付工の現場員】の仕事拝見!

f:id:panboku409:20180217204732p:plain

「斜面の土木工事!その名は現場監督!!」

 

・吹付工の現場員とは?

非常に、特殊な現場監督で「急傾斜」と言われる、重力に逆らった所に、土木建造物を完成させる「ツワモノ」のこと。

単に、段取りだけの監督ではなく、着工書類から竣工書類までを、完璧に作り上げることができ、「土木の総合職」的な、一面も持つ。

そして、

その名が、あまり表に出ることがないため、「闇の職業」とも言われている。

 

・そのほかの法面工事の職業を見てみる。 

普通監督の【吹付工の現場員】

上級職人の【グラウンドアンカー工】

普通職人の【吹付工のノズルマン】

初級職人の【法面清掃係のクライマー】

上級運転手の【ロッククライムショベル・オペ】

普通運転手の【タイヤショベルの運転士】

普通作業員の【はじめての法面屋】

 

 

1.職業(吹付工の現場員の仕事)

法面の「普通監督」の基本的な内容の解説。

 

基本のステータス

名前:吹付工の現場員

LEVEL:10

HP:35

MP:15

経験値:3650(次のレベルまであと365)

 

業界:建設業

種族:土木系

業種:法面工事業

職業:監督(正式名:主任技術者)

階級:普通の位

 

おもな仕事と思われる内容

法面工事、全般にわたる、施工管理をすること。

「陸」の土木監督に対して、「斜」の土木監督と言われるほど、管理内容は似ている。

その内容は、

施工計画:施工計画書を作成し、工事全体の流れを「ざっ」と決める。

工程管理:施工計画に基づき、工事の日程を「ぱっ」と決める。

品質管理:施工に伴い、いい物ができているか評価する。

出来形管理:ちゃんと、言われた通り出来ているか検査する。

安全管理:人が死なないように、仕事をしているか、監視する。

と、まぁ、

現場で起きた出来事の、責任を取る職業だ!

 

 

2.能力(吹付工の現場員の強さ)

法面の「普通監督」に必要な、色々な基本能力値と解説

総合能力値:30ポイント(60ポイント中)

 

ちから(力)

力: 5 ☆☆☆☆☆

監督なる者は、職人の真似事ぐらい、出来ないといけない。ゆえに力がいる。

 

うでまえ(技前)

技: 5 ☆☆☆☆☆

数多くの管理技を、使いこなさ無ければならないので、日々の修練は欠かせない。

 

たいりょく(体力)

体: 5 ☆☆☆☆☆

いる。昼間の作業もそうだが、書類と言われる「エンドレス」な作業が待っている。

 

かしこさ(賢さ)

賢: 5 ☆☆☆☆☆

必要である。そもそもパソコンが使えないと、お話にもならない。

 

ざいりょく(財力)

財: 5 ☆☆☆☆☆

そこそこの給料はもらえる。しかも、監督のほとんどが正社員であるため、安定はしている。

 

こころのつよさ(心の強さ)

心: 5 ☆☆☆☆☆

対役所。対住民。対上司。対職人と、戦う相手が多い。強い心を持て!!

 

 

3.装備(吹付工の現場員の持ち物)

法面の「普通監督」が装備できる武器、防具、その他の種類

 

ぶき(武器)

専用の武器:現場用ノートパソコン

普通の武器:法面管理用ソフト

 

ぼうぐ(防具)

防具(頭):三本線のヘルメット

防具(手):厚手の軍手

防具(体):傾斜面用安全帯

防具(足):安全スパイクシューズ

 

そのた(その他)

装飾品1:ロリップ(軽作業用)

装飾品2:土壌を測る硬度計

装飾品3:土壌酸度を測るpH計

乗り物:軽の箱バン

 

 

4.特技(吹付工の現場員の得意技)

法面の「普通監督」が、経験を積むことにより覚えるスキル・技、それと奥義。

 

覚えなくてはならない基本技

LV1:段取り(頭技)

まず、最初に覚えなければならない、基本的な技。技術云々よりも、職人たちを遊ばせないように、しなければいけない。

 

LV2:施工管理ソフト(操作技)

パソコンを使った技で、管理書類を、法面専用ソフトを使って作成する技。「簡単そうに見えてややこしい。困難そうに見えて、容易い」。そんな技。

 

できれば覚えたい特殊技

奥義:怒り(心技)

普段、純粋で穏やかな心を持ち、工事現場が円滑に、動くようにと願う監督が、突然の怒りにより、目覚めてしまう技。突如、「スーパーノリメンカントク」になる奥義。

 

 

 

5.特長(吹付工の現場員の性格)

法面の「普通監督」の良いところ、悪いところ、などなど。

 

良いところ

一つの法面工事を、任されることに、誇りが持てる。

一つの法面工事を、やり遂げた後の「一杯」は最高だ!

 

悪いところ

書類整理に日々、追われなければならない。

監督たる者、目に見えない忙しさがある。

 

社会的地位

「メタルカラー(中流)」の中で、最上級の位置に存在する地位を持つ。もう少しレベルを上げると、「ホワイトカラー(上流)」に仲間入り出来るかも?

 

生き残り

監督業の「管理技」を極めた者なら、生き残る確率は高い。しかし、それだけでは、いけない!これからは「原価技」を身に着けるのだ!

 

 

6.転職(吹付工の現場員の将来)

この職業を極め!進化し!転職せよ!

 

まずは・・・

法面の普通監督で【吹付工の現場員】から始めよう。

なりかた1:法面施工管理技術者の資格を取る。

なりかた2:地すべり防止工事士の資格を取る。

なりかた3:二級土木施工管理技士の資格を取る。

なりかた4:管理の仕事は、見た目は「楽そう」だと思われるが、実際は「過酷」だと思っている。

 

そのあと・・・

修業を行い、上級の位の【ノリメン・マスター】に進化しよう!

なれる条件1:「一級土木施工管理技士」の取得に、チャレンジしてみる。

なれる条件2:ほとんどの法面工法を経験し、俺の知らない技はない。

なれる条件3:どこかで、新しい工法が発見されると「ワクワク」する。

 

さらに・・・

さらなる高みを目指し、ほかのジョブへと転職!!

おすすめの転職先1:工事現場を「急斜面」から「水平面」へと変えるため、【土木工事の監督】を目指してみる。

 

 

7.総括(吹付工の現場員のまとめ)

そうかつという名の感想。

 

まとめてみた

【監督と言う名の職業】

作業員時代には、とても羨ましく、眩しい存在だった・・・

作業もせず、いつも作業員のぼくに、指示ばかり。

「早くしろ!」

「あーじゃない、こーじゃない」と・・・

いつかぼくも、「監督になって、楽をする」と決めていた。

そして、

10年が経ち、作業員から監督へと、職業が変わっていた。

そして、

早くも「辞めたい!」

と、

思うようになった、今日この頃です・・・

 

ほかの法面工事の職業を見てみる。 

 

責。