ケンセツクエスト~建設界の神々の職業を求めて~

【伝説の土木職人】に【あこがれの現場所長】や【幻の事務員秘書】など・・・さまざまな建設業の業種と職業の紹介!

【法面工事業】緑傾色のスロープ・プロテクションとは?どういう業種?

f:id:panboku409:20180218204719p:plain

「斜面と言う、人間が住めない場所で仕事をする奴ら!」

 

・緑傾色のスロープ・プロテクションとは?

土木系の業種で「陸」と呼ばれる、平地での仕事と決別し、まだ誰も行ったことがない「斜面」と呼ばれる、断崖絶壁での仕事を選んだ集団のこと。

法面の保護を目的とした集団だが、山奥での仕事が多く、「普段見かけることはない」と言われる。

そして、

少し斜めに傾いている【傾斜】系の属性を持ち、自然を司る【緑】の色が、大好きだ!

 

 

1.任務~法面工事の仕事~

【法面工事業】という任務を遂行する者の仕事内容など。

 

基本情報

業界:建設業 0301

種族:土木系

業種:法面工事

許可の規模:一般

許可の種類:土・と・さ

 

法面工事業の特長

法面の保護をするために、斜面にぶら下がり、危険を顧みず工事する業種。その工法は色々あり、人力で行う業や機械を使った業が、存在する。

モルタル吹付工

植生基材吹付

法枠工

アンカー工

など。

 

メインとなる法面工事の種類と割合

現場の状況によりいろいろ変わるが、割合でいうと、大体こんな感じ。

吹付工:50%

法枠工:30%

アンカー工:10%

その他いろいろ:10%

 

公共工事と民間工事の比率

やはり公共工事が断然多い。

公共工事の比率:80%

民間工事の比率:20%

 

元請けと下請けの割合

元請け率:50%

下請け率:50%

 

自社施工と外注施工の割合

自社施工率:90%

外注施工率:10%

 

 

2.基地~法面会社の能力~

それでは法面の会社内部を格付けしてみた!

評価が高い順に「SS、S、A、B、C」の5段階。

 

規模力:Aランク

ふつうの大きさを持つ会社で、事務職5~10名、現場職20~30名クラスの規模。特殊工事だけに、数は少ない。

 

設備力:Sランク

色々な建設機械や、吹付プラントなど、高価なものばかり、必要となる。

 

人員力:Aランク

機械を使った作業より、人を使った作業が多いので、当然、人員力は高くなる。それも特殊な作業員が。

 

資金力:Sランク

建設機械にプラント、安全器具などと、「ケチる」と命にかかわるため、出資は惜しめない。

 

管理力:Sランク

こと、法面工事の施工管理にかけては、右に出る者はいない。着工書類から完成書類にかけて、そのすべてを独自に行う。

 

専門力:SSランク

建設業界の中でも抜群の「専門力と破壊力」を持つ。その中でも、「斜面移動装置」を使わせると、誰も追いつけないといわれる。

 

 

3.組織~法面業者の系譜~

法面の任務を【遂行】するのに必要な職業と階級を紹介!

 

法面の監督(現場系)

土木の監督に勝るとも劣らない、管理能力を持つ法面屋の現場員。彼のおかげで、現場は進んでいく。

普通監督の【吹付工の現場員】

 

法面の職人(現場系)

唯一、戦士タイプの職人。斜面の上でも「なんのその!」で、現場の最前線を受け持ち、法面保護を仕上げる優れ者。

上級職人の【グラウンドアンカー工】

普通職人の【吹付工のノズルマン】

初級職人の【法面清掃係のクライマー】

 

法面の運転手(現場系)

吹付工には欠かせない、砂を運び、配合する運転手。作業自体は簡単で、数ある建設機械の中でも、初級に分類される。

上級運転手の【ロッククライムショベル・オペ】

普通運転手の【タイヤショベルの運転士】

 

法面の作業員(現場系)

見習いや初心者が避けては通れない職業で、監督や職人には、意外と役に立つ職業。主に、片づけや小取りが仕事である。

普通作業員の【はじめての法面屋】

 

 

4.資格~法面の業に必要な証~

法面工事の【業】を使うにあたり最低限必要な免許や資格!

 

建設業の許可

500万以上の工事を請負い、施工するのに必要な、建設業の許可。専門許可は下の2づがあれば十分。そして、元請けで工事を受注することが多く、そのため、土木の許可は必須だ!

土木工事業(総合)

とび・土工工事業(専門)

さく井工事業(専門)

 

施工管理系の資格

法面工事独特の資格で、特殊な資格がずらりと並ぶ!監督を目指す者は、すべて取るべし!

土木施工管理技士(国家資格)

地すべり防止工事(公的資格)

グラウンドアンカー施工士(民間資格)

法面施工管理技術者(民間資格)

 

現場作業系の資格

一般の建設工事でも使える資格が多く、運転手を目指す者は、ぜひ!取得しよう。

車両系建設機械の整地等用(技能講習)

不整地運搬車運転(技能講習)

小型移動式クレーン運転(技能講習)

玉掛作業(技能講習)

ロープ高所作業(特別教育)

研削といし取替業務(特別教育)

ボーリングマシン運転業務(特別教育)

 

作業主任者系の講習

アンカー工における、作業架台の設置に必要な資格。本来足場とびの資格だが、持っておいても損はない。

足場組立等作業主任者(技能講習)

 

自動車系の免許

施工中に、運転作業はほとんどないが、基地~現場間の移動や、資器材の運搬に役に立つ自動車免許。

普通自動車運転(免許)

中型自動車運転(免許)

 

 

5.格納庫~大きな機械の倉庫~

法面工事の【武器】であり、最も活躍する建設機械や工事車両の種類!

 

法面専用機

ほとんど法面工事の現場でしか、見かけない建設機械。中でも「RCM」の作業風景は圧巻だ!

ロッククライミングマシン(RCM)

アンカー削孔機

法面吹付機(プラント)

 

法面汎用機

地味に活躍する一般の建設機械。操作自体はあまり難しくなく、初心者に優しい機械。

タイヤショベル

 

法面小型機

それほど種類は多くないが、どれも法面屋には必要なものだ!

吹付用ノズル

油圧緊張機

アンカーピン用ドリル

 

工事車両系

斜面の現場で作業をするので、自動車はあまり役には立たない。が、通勤や運搬で活躍する。

ダブルキャブトラック

資器材運搬用トラック

 

 

6.道具箱~小さな工具の小物入れ~

法面工事には欠かせない【小道具】の数々!

 

工具系の道具

手を使って作業する工具。それほど多くないのが特長だ!

石頭ハンマー

カキ板・スコップ

竹ほうき

 

測量系の道具

土木屋みたいに種類は多くない。検査用の機器が主な道具。

土壌硬度計

土壌酸度pH計

ナイロン製の巻き尺

 

 

 

7.まとめ~要約してみる~

法面工事の業(わざ)と言うものを、まとめてみました。

 

感想を書いてみる。

法面工事とは・・・

特殊な特殊な工事です。

陸の現場を捨て、斜面の仕事を選んだ集団だけに、その工法もすごい物ばかり。

その中でも、法面にバックホウをセットして掘削作業を行うという、とんでもない工法もあるとか。

そして、

もう少し時代が進むと、漫画、進撃の巨人のような「立体起動装置」が開発され、法面の現場を、自由に飛び回れるようになるのかなぁ・・・

 

 

 殊。