ケンセツクエスト~建設界の神々~

【伝説の職人】に【あこがれの所長】や【幻の秘書】など・・・建設業の職業紹介!

上水道の普通運転手!【開削工のオペレータ】と呼ばれる職業を解説!

f:id:panboku409:20171224134053p:plain

「公共水道の重機操作のプロフェッサー!」

 

・開削工のオペレータとは?

インフラ整備の中の【水】という生活には欠かせない仕事に携わり、その工事の「運転」を専門にする者のことを言う。

「水道本管」と呼ばれる配水管を道路内に埋設するのに「バックホウ」を使っての作業がメインの職業である。

繊細かつ、緻密な重機操作で、道路の中を掘りまくる!

そして、

決して水道管を、傷つけてはいけない!

 

・ほかの上水道工事の職業も見てみるか!

社長で普通【公共水道の社長】

役員で普通【切れ者の部長】

監督で普通【上水道専門の技術屋】

職人で普通【ベテラン配管工】

運転手で普通【開削工のオペレータ】

作業員で普通【ふつうの人夫】

作業員で初級【はじめての見習い】

 

 

1.職業(開削工のオペレータの仕事)

上水道の「普通運転手」の基本的な内容の解説。

 

基本ステータス

名前:開削工のオペレータ

LEVEL:5

HP:25

MP:0

経験値:1825(次のレベルまであと365)

 

業界:建設業

種族:土木系

業種:上水道工事業

職業:運転手(正式名:特殊運転手)

階級:普通の位

 

おもな仕事と思われる内容

開削工と言われるトレンチ掘削の床掘作業。

配管後の砂、発生土、再生砕石、粒調砕石の埋め戻し作業

仮舗装のアスファルト合材の投入。

あとは、ダンプの運転、重機の回送など。

 

 

2.能力(開削工のオペレータの強さ)

上水道の「普通運転手」に必要な、色々な基本能力値と解説

総合能力値:28ポイント(60ポイント中)

 

ちから(力)

力: 3 ☆☆☆

重機の運転が主な作業となるので、力の必要ない。

 

うでまえ(技前)

技: 7 ☆☆☆☆☆☆☆

水道管を傷つけないように掘るため、相当なテクニックがいる。

 

たいりょく(体力)

体: 3 ☆☆☆

運転がメインなので、あまり体力はいらない。

 

かしこさ(賢さ)

賢: 4 ☆☆☆☆

配管の位置、埋設物の位置を把握しながらの作業なので、多少の賢さはいる。

 

ざいりょく(財力)

財: 4 ☆☆☆☆

ふつうの作業員の給料とあまり大差はないが、上級職になると1.5倍ほどになる。

 

こころのつよさ(心の強さ)

心: 7 ☆☆☆☆☆☆☆

水道管を傷つけないよう、重機を操作するのには、相当な精神力が必要だ。

 

 

3.装備(開削工のオペレータの持ち物)

上水道の「普通運転手」が装備できる武器、防具、その他の種類

 

ぶき(武器)

専用の武器:中折れ式のバックホウ

普通の武器:超ミニバックホウ

 

ぼうぐ(防具)

防具(頭):ステッカーだらけのヘルメット

防具(手):重機運転用のグローブ

防具(体):きれいな作業服(水色)

防具(足):マジックテープ式の安全靴

 

そのた(その他)

装飾品1:水道用の細バケット

装飾品2:手動のグリースポンプ

乗り物:4tクラスのダンプトラック

 

 

4.特技(開削工のオペレータの得意技)

上水道の「普通運転手」が、経験を積むことにより覚えるスキル・技、それと奥義。

 

覚えなくてはならない基本技

LV1:トレンチ掘削(操作技)

水道の開削工の床掘方法で、四角い溝状の形に掘る技。うまくなると定規を使わずに、寸法通りに掘れるという。

 

LV2:またぎバック(操作技)

開削工の床掘のあと、溝掘りを「またぐ」ようにバックしていく危険な技。少しでも操作を間違うと、床掘の中へ落ちてしまう。

 

LV3:ダンプトラック回送(操作技)

ミニバックホウを、桟橋を使わずダンプトラックに積み込み、移動させる技。バックホウが小さくなるほど危険度が増す。

 

LV4:ウォーターセンサー(感覚技)

長年の現場経験で培った「勘」で、既設の水道管を傷つけずに、見つける能力のこと。習得すると、水道管を「破ることがなくなる」と言われる。

 

できれば覚えたい特殊技

奥義:水神の重機操作(通常技)

バックホウで試掘する時に、水道管を傷つけることなく、水道管をむき出しにする奥義。この奥義を修得すると、作業員の手掘りがなくなると言われる。

 

 

5.特長(開削工のオペレータの性格)

上水道の「普通運転手」の良いところ、悪いところ、などなど。

 

良いところ

重機のオペレータは運転だけなので、体力的に楽である。

性格が神経質な人には向いている。

 

悪いところ

キャノピー式のバックホウの運転が多く、真冬がものすごく寒い。

重機操作の専門なので、ほかの作業はあまり覚えない。

 

社会的地位

ブルーカラーと呼ばれ、下級階級だが、下級の中では一番上である。一般世間的に、ユンボ好きの子供たちのあこがれの的。

 

生き残り

水道工事のバックホウの運転手は、繊細であり、慎重でなければならない。そのため、レベルが高く、仕事を奪われることはないだろう。

 

 

6.転職(開削工のオペレータのその後)

上水道の運転手を極め!進化し!転職せよ!

 

まずは・・・

【開削工のオペレータ】上水道の普通運転手になり、職を極めよう。

なりかた1:車両系建設機械(3t以上)の運転資格を取らないことには・・・

なりかた2:自分の性格が、何事にも慎重である。

なりかた3:雑ではない。

 

そのあと・・・

レベルを上げて【開削工のスーパーオペ】上級職に進化しよう!!

なれる条件1:重機の運転期間が10年を超えた。

なれる条件2:菩薩の気持ちが、わかるようになった。

なれる条件3:水道管の「声」が聞こえた。

 

さらに・・・

さらなる高みを目指し、ほかのジョブへと転職!!

おすすめの転職先:荒々しい重機の運転を、やりたい方は【土木】の運転手

おすすめの転職先:大規模な重機の運転を、やりたい方は【土工】の運転手

 

 

7.総括(開削工のオペレータのまとめ)

そうかつという名の感想。

 

まとめてみた

上水道・・・

インフラ整備の基本とも言える、みんなに【水】を送る工事を担う。

その中の上水道の運転手というのは、雑な人には向いていなく、繊細で、緻密な運転操作を求められる。

土木工事の運転手を経験した者には難しい仕事だ!

そう・・・

「聖母マリア」のような気持ちで、掘削していかなければならない。

 

ほかの上水道工事の職業を見てみる。 

 

 緻。