ケンセツクエスト~建設界の職業を求めて~

【伝説の土方棒心】に【あこがれの現場所長】や【幻の事務員秘書】など…さまざまな建設業の業種と職業の紹介!

石積の神級職人!「石神王の石工」の神技!その神聖なる職業とは?どんな仕事内容?

f:id:panboku409:20210203195440j:plain

「伝説の石屋、穴太衆(あのうしゅう)の末裔!その血を引く者!!」

 

石神王の石工とは?

古来より受け継がれられる、歴史古き石屋のこと。

穴太衆と呼ばれながら、安土桃山時代から続く石垣積のプロ集団の末裔で、その血を受け継ぐ者のことをいう。

そして、

石をあつかう「石技」と「石術」はすべて極め、己の知らない技はないと聞く。

時空を超え、1000年の時を経て、今ここによみがえる!!

それではご覧あれ!!👇

 

 

 

1.職業(石神王の石工の仕事)

石積の「神級職人」の基本的な内容の解説。

f:id:panboku409:20210203195620j:plain

基本のステータス

前:石神王の石工

LEVEL:1000(創業からの継続年数)

HP:60(肉体のつよさ)

MP:0(頭脳のつよさ)

経験値:365000(次のレベルまであと365日)

----------

界:建設業

種族:土木系(専門業種)

業種:石積(正式名:石工事業)

職業:職人(正式名:穴太衆の石工)

階級:神級の位

 

おもな仕事と思われる内容

【城郭の石垣の作業】

戦国時代、織田信長が築いた「安土城」の城郭の石積工事。

全国各地にある、有名なお城の石垣の修復、復元、維持、修繕作業。

お金をいっぱい、いっぱい持っている人の屋敷の石垣積み。

などが、主な仕事だ!

 

気になる給料の中身

f:id:panboku409:20210203195651p:plain

【やとわれ方】

雇用形態:雇われ社員

会社と雇用契約を結んでいる労働者のこと。

いわゆる「雇われ従業員」のことで、一応社員ではあるが時間給で計算されるため、休みなど取りやすく、用事があったら意外と休めるが、もちろん給料はもらえない。

賃金形態:日給制

一日いくら?の「常用賃金」で、日給月給と呼ばれており、一日働いた時間により、一か月分の給料としてもらえる。ちなみに、残業は基本時給の1.25倍、休日夜間は1.5倍だ!

勤務形態:時間労働

一日8時~17時までの8時間労働(休憩1時間)で、休日が日曜日だけの年間52日の休みとなる。計算すると、年間313日(月26日)の出勤日数。

 

【きほんの給料】

給与:年626万円(月52.2万円)

日給は一日20,000円の日当がもらえる。

時給にすると2,500円で、建設界の普通作業員とは比べられない賃金(作業員の2.5倍、キャバ嬢にやっと勝てる)がもらえる。

計算すると、年間で年313日×20000円=626万円となる。月給は月26日×20000円=52.2万円なり。

残業:年19万円(月1.6万円)

石積工事の場合、圃場整備の石垣や個人宅の石垣が多いので、あまり残業はない。残業はあっても月5時間、年60時間程度で、少ないほう。

計算すると、月5時間×2500円×1.25倍=16000円、年12ヶ月×16000円=19万円なり。

休出:年0円(月0円)

日曜出勤、夜間作業ともに出ることはほとんどない。

賞与:年10万円(1回5万円)

ボーナスのこと。通常一般の会社では、年2回の賞与があるが、ほとんど期待できない。ごくまれに盆正月の小遣いとして、5万円ほどもらえることがある。

手当:年0円(月0円)

通勤手当や携帯電話などの手当てのことで、ほとんど期待できないので無視。会社によっては通勤手当があることも・・・

※仮の給料

額面の年収655万円(月給55万円)

仮の給料とは、会社と雇用契約を結ぶ時の給料や、求人案内などに書かれている給料で「額面の給与」と呼ばれており、だいたいこんな感じになる。この金額が丸々手に入るわけでもないので、あしからず・・・

 

【ほんとの給料】

天候による休み:年-60万円(月-5万円)

石積工事の場合、建設界最大の天敵「雨、雪、台風」があり、年間1割ほど現場で作業ができないので当然、休みとなる。

計算すると、天候による休みは年300日×1割=30日(月2.5日)となる。

連休による休み:年-30万円(1回-10万円)

1月の正月休み(5日間)、5月のゴールデンウイーク(5日間)、8月のお盆休み(5日間)の長期連休で、年間15日程度、建設業界では現場が休むことになる。

税金による搾取:年-141万円(月-11.8万円)

社会保険や雇用保険、所得税など、国にとられる税金で、給料総額の「約25%」が持っていかれる。

※真の給料

手取の年収424万円(月給35万円)

額面の年収655万円(月給55万円)

年間の差額 -231万円(月間-20万円)

実際に手元に残る手取りの給料は、休みや税金を差し引くと、これくらいになる。これが「真実の給与」です!!

 

※ケンセツクエスト調査班のかなり「テキトー」な計算方法で算出しています。悪しからず・・・

 

 

2.能力(石神王の石工の強さ)

石積の「神級職人」に必要な、色々な基本能力値を解説!

f:id:panboku409:20210203195712j:plain

つよさ(強さ)

総合能力値:40ポイント(60ポイント中)

0■■■■■■■■■■■■□□□□□□60

「力、技、体、賢、速、心」の6つの数値を集計した総合ポイント。数値が高いほど「強い」とか「すごい」とか「かっこいい」と思われる。

ちから(筋力)

力: 5 ★★★★★☆☆☆☆☆

腕力の強さのこと。力はなくとも、技の方でカバーするので、そこそこの力があればいい。

うでまえ(技前)

技:10 ★★★★★★★★★★

手先の器用さのこと。この世に存在する、石、岩、すべてに精通し、「この者が知らない技はない」と言う。くらいの腕がいる。

たいりょく(体力)

体: 7 ★★★★★★★☆☆☆

持久力の長さのこと。石積工事と言うのは、そこそこの体力がないとできない。体力はつけておこう。

かしこさ(賢さ)

賢: 5 ★★★★★☆☆☆☆☆

頭の良さのこと。伝統の技を使用するには、それなりの知識が必要で、頭に詰め込まなくてはならない。

すばやさ(素早さ)

速: 5 ★★★★★☆☆☆☆☆

機敏な動きのこと。

こころのつよさ(心の強さ)

心: 8 ★★★★★★★★☆☆

精神力の強さのこと。伝統を受け継ぐ者としての、見えない重圧に負けない、心の強さが欲しい。

 

 

3.装備(石神王の石工の装飾品)

石積の「神級職人」が装備できる武器、防具、その他の道具。

f:id:panboku409:20210203195728j:plain

ぶき(武器)

【手動系】

鉄鎚属性:桃山時代のコヤスケ

鉄鎚属性:安土時代のゲンノウ

梃子属性:室町時代のカナテコ

ぼうぐ(防具)

【兜系】

頭の保護:ねじり鉢巻き

【籠手系】

手の装飾:石工の入れ墨

手の保護:風神柄の手甲

【鎧系】

体の保護:穴太衆の正装服

体の保護:穴太衆の前掛け

【甲掛系】

足の保護:雷神柄の脚絆

足の保護:かね入りの地下足袋

どうぐ(道具)

【腰袋系】

腰袋:年季の入ったくぎ袋

【工具系】

装飾品:本石用びしゃん

装飾品:はつりのみ

装飾品:目地ごて

【乗物系】

専用車:馬車

 

 

4.特技(石神王の石工の得意技)

石積の「神級職人」が、経験を積むことにより覚えるスキル・技、それと奥義。

f:id:panboku409:20210203195741j:plain

覚えなくてはならない基本技

【石切(腕技)】

難易度:5 ★★★★★

玄能でコヤスケをたたき、石垣に使う石を加工する技術。実際には「割る」のだが、あの硬い石を簡単に削るところから、石を切る「石切」と呼ばれる。

 

【石術(積技)】

難易度:5 ★★★★★

石垣の積み方の種類のことで、「崩れ」「野面石」「間知石」など、たくさんの積み方がある。そして、そのすべての積み方を、出来る技の総称。

 

【武者返し(積技)】

難易度:5 ★★★★★

お城の石垣でよく見られる、根石の勾配が緩く、天端に上がるにつれ、垂直に近い勾配になる積み方。忍者の侵入を防ぐ効果がある。別名「寺勾配」ともいう。

できれば覚えたい特殊技

【奥義:穴太積み(心技)】

難易度:5+ ★★★★★+★

安土城の城壁の築造時に使われた奥義で、野面石を使用して、石と「会話」しながら、石垣を積んでいく、奥義の中の一つ「ココロの技」である。

持っておきたい資格術

【奥義書:穴太衆の虎の巻】

難易度:5 ★★★★★

石垣のプロフェッショナル集団の技が、事細かに書かれた門外不出の秘伝の書物。「風の章」「林の章」「火の章」「山の章」の4編からなる。しかし、なぜこんなにも簡単に入手できたかは不明。

※ケンセツクエスト調査班が全力で調査中。わかり次第、報告予定!

 

 

5.特長(石神王の石工の性格)

石積の「神級職人」の良いところ、悪いところ、建設界での階級などなど。

f:id:panboku409:20210203195756j:plain

良いところ

・もしかすると、有名なお城の「石垣修復」に、呼ばれることがあるかも。

・日本中の「名所」と呼ばれる場所に行ける。

悪いところ

・穴太衆の称号に、名前負けした時の「精神的苦痛」は、計り知れない。

・もうほかの職業には転職できない。

社会的地位

・階級:メタルカラー(中流階級)の中流層

石垣のマイスター(巨匠)であり、石垣界最強を誇る。そして、一般人には「あの!安土城の石垣を!?」と、一目置かれ、驚かれる。

生き残り

もう1000年近く生き残っているので、今更だが、今からも生き残れると思う。日本の伝統を、根絶やしにしてはいけない。こころせよ!!

 

 

6.転職(石神王の石工の将来)

石積の「神級職人」の職業を極め!進化し!転職せよ!

f:id:panboku409:20210203195813j:plain

まずは・・・

石積の神級職人で【石神王の石工】から始めよう。

・なりかた1:穴太衆の血を引いており、DNA鑑定で証明された。

・なりかた2:輸血されたも「ギリギリ」セーフ。

・なりかた3:実家が、滋賀県の大津市の近くだ。

そのあと・・・

修業を行い、上級の位に進化しよう!

人は、神を超えることができない。これ以上の進化は無理だろう。

さらに・・・

さらなる高みを目指し、ほかのジョブへと転職!!

・おすすめの転職先:伝説の石垣技を武器に、会社を立ち上げて【石積の普通経営者】になり、幻の「安土城の石垣」を復活させよ!

 

 

7.総括(石神王の石工のまとめ)

そうかつという名の感想。

f:id:panboku409:20210203195833j:plain

まとめてみた

伝説の技を持つ、戦国時代からの生き残り。

1000年の時をかけ、練り続けられたその奥義は、口伝により伝えられると聞く。

それは、「心技」と呼ばれる特殊能力を使うため、秘伝書などの文章では、表せないからである。

そして、

現在に至り・・・

その石積の石工集団「穴太衆」の生き残りが、今も比叡山の袂(たもと)、滋賀県に存在すると聞く。

 

なんとも「浪漫」あふれる職業ですね。

 

夢。

 

・ほかの石積工事の職業も見てみる。 

神級職人の【石神王の石工】

上級職人の【玉掛け専門の石工】

普通職人の【野面石専門の石工】

 初級職人の【尻かい専門の石工】 

上級運転手の【フォークローの達人】

普通運転手の【クレーン仕様のBHオペ】