ケンセツクエスト~建設界の職業を求めて~

【伝説の土方棒心】に【あこがれの現場所長】や【幻の事務員秘書】など…さまざまな建設業の業種と職業の紹介!

【造園工事業】緑庭色のランドスケープとは?どういう会社でどういう業種?

f:id:panboku409:20210128180256j:plain
「日本古来より伝わる、格式高き造園庭師の集団!」

 

緑庭色のランドスケープとは?

歴史を重んじ、自然を愛し、草木を大切にする、日本の「情緒」を持った庭師の集まり。

その集団の仕事ぶりは、庭だけを専門に扱い、「ほかの仕事は一切引き受けない」という、頑固な一面も持つ。

そして、

個人との関わりを最も大事にしているため、剪定してもらった施主に、話を聞くと「心が癒される」と聞いた。

ゆえに、

【大地】系の属性を持っていて【緑】の色が、よく似合う!

 

 

 

1.任務~造園工事の仕事~

「造園工事業」という任務を遂行する者の仕事内容など。

f:id:panboku409:20210128180403j:plain

きほんの情報

俗称:緑庭色のランドスケープ

業界:建設業(分類コード0301)

種族:土木系(専門業種)

業種:造園(工事の俗称)

規模:一般(請負金額500万円以上)

種類:造園工事業(建設業の許可)

 

ぎょうむの内容

【造園屋の仕事】

「日本の四季」を司る職業であり、日本人の心の中に棲む、「情緒風情」を目覚めさせるのが生業。

個人の庭造りと庭の手入れ、公共公園の手入れ、生い茂った草木の伐採、日本庭園の維持管理などと、その起こし方は多岐にわたる。

それと、日本文化を「継承」する担い手でもある。

 

しょうさいの詳細

【仕事の割合】

民間工事の剪定作業が主な収入源となる。現在、公共工事の公園作りは減っており、一番儲かる庭造りは、全体の「一割」にも満たない。

・個人宅の庭の剪定:60%

・公共工事の公園作り:20%

・金持ち宅の庭造り:9.99%

・日本庭園の庭園造りと手入れ:0.01%

・その他いろいろ:10%

【受注の割合】

公共工事は少なくなりつつあり、七割の業者が個人の剪定作業に依存している。

公共工事率:30%、民間工事率:70%

【請負の割合】

元請けの割合が高いのも、個人の剪定がほとんどなので仕方がない。そして報酬も安い。

元請け率:80%、下請け率:20%

【施工の割合】

もちろん、自社での施工を心掛けている。というか、他業者にはマネできない。できるものならやってみろ!

自社施工率:100%、外注施工率:0%

 

 

2.基地~造園会社の能力~

それでは「造園業者」の会社内部を格付けしてみた!評価が高い順に「SS、S、A、B、C」の5段階。

f:id:panboku409:20210128180438j:plain

きぼ(規模力)

格付階級:Bランク

会社の大きさのこと。個人経営規模の会社レベルである。事務職1~3人、現場職3~10人ほどの小さな会社が対象。

せつび(設備力)

格付階級:Bランク

自社機械の多さのこと。これと言って、大きな機械は保有しない。良くてユニックや小型バックホウくらいだ。

じんいん(人員力)

格付階級:Aランク

人数の多さのこと。ほとんどの作業が手作業であるため、人員力に頼らなければいけない。

しきん(資金力)

格付階級:Bランク

お金が掛かるかどうかのこと。工事の規模が小さいので、資金繰りにはあまり困らない。かかるとしても人件費が主だ。

そうごう(総合力)

格付階級:Sランク

現場管理能力の高さのこと。造園工事に特化した「施工管理能力」を持っているため、管理力は高い。

せんもん(専門力)

格付階級:SSランク

特殊能力があるかないかのこと。造園工事の庭園造りと庭の剪定に関していえば、右に出るものなどいない。この業者に頼むしかないだろう。

 

 

3.組織~造園業者の系譜~

造園の任務を「遂行」するのに必要な職業と階級を紹介!

f:id:panboku409:20210128180454j:plain

造園の監督

公共工事や大規模な造園工事には、なくてはならない現場のまとめ役。管理者がいないことには、作業員たちが途方に暮れる。

・普通監督の【エクステリアの現場員】

造園の職人

実際に現地で「庭造り」をする者のこと。一般に「庭師」と呼ばれており、出来栄えの良し悪しは、すべてこの職人の腕にかかっている。

・神級職人の【庭園の請負師】

・上級職人の【日本庭園の庭師】

・普通職人の【ありふれた庭師】

・初級職人の【庭師の手伝い人】

造園の運転手

造園工事で唯一、運転を職業とする者。ユニックにバックホウ、高所作業車と、いろんな操作を得意とする。

・普通運転手の【ユニックの操縦士】

 

 

4.資格~造園施工の証書~

造園業者の「業」を使うにあたり最低限必要な免許や資格!

f:id:panboku409:20210128180511j:plain

建設業者系の許可

個人宅の剪定作業では必要のない許可だが、500万円を超える工事を請け負う場合や、公共工事を請け負う場合に必要となる。

・専門許可:造園工事業

・専門許可:とび・土工工事業

施工管理系の資格

主任技術者になる者は、ぜひとも取得しておきたい資格。特に、1級造園施工管理技士の「肩書き」は欲しい所。

・国家資格:1・2級造園施工管理技士

・国家資格:1・2級造園技能士

現場作業系の資格

これと言って、特殊な資格はないが建設業内で幅広く使える資格たち。持っていると転職に有利かも?

・技能講習:車両系建設機械の整地等用

・技能講習:高所作業車運転

・技能講習:小型移動式クレーン運転

・技能講習:玉掛作業

作業主任系の講習

作業主任者系の資格は、今のところ何もない。

・特になし

自動車両系の免許

現場までの移動や、トラックを使った運搬があるので、車の免許は取っておこう。

・運転免許:普通自動車運転

・運転免許:中型自動車運転

 

 

5.格納庫~大きな機械の倉庫~

造園業者の「武器」であり、最も活躍する建設機械や工事車両の種類!

f:id:panboku409:20210128180531j:plain

造園専用機

庭師の腕が武器であるため、専用の機械と言うものは存在しない。

・特になし

造園汎用機

建設界で一般に、広く利用されている機械たち。庭造りでも活躍する。

・掘削属性:小型バックホウ

・楊重属性:クレーン機能付きトラック

・移動属性:高所作業車

・運搬属性:パッカー車

造園小型機

職人専用の武器でもある、小型機械。これにより、庭が見違えるほど「美麗」になるぞ!

・発動属性:チェーンソー

・発動属性:草刈り機

・電動属性:電動バリカン

工事車両系

伐採材の運搬には欠かせないトラック。作業員や職人などと、すべての者が運転する。そのため使用頻度は多い方だ。

・運搬属性:軽のダンプトラック

・運搬属性:2tダンプトラック

 

 

6.道具箱~小さな工具の小物入れ~

造園業者には欠かせない「小道具」の数々!

f:id:panboku409:20210128180550j:plain

工具系の道具

職人と作業員とが主に使う、専用の工具。そのどれもが、「庭師専用」に開発されたものだ。

・剪断属性:せん定ハサミ

・剪断属性:刈り込みハサミ

・鋸切属性:せん定のこぎり

・足場属性:三脚のはしご

・掃除属性:熊手、竹ほうき

測量系の道具

監督が使う測量機器。庭造りの場合、そのほとんどを職人たちの感覚に頼るため、測量はあまり行われない。

・水準属性:オートレベル

・計測属性:コンベックス5.5m

 

 

7.まとめ~要約してみる~

造園業者の業(わざ)と言うものを、まとめてみました。

f:id:panboku409:20210128180606j:plain

感想を書いてみる。

造園工事とは・・・

園(その)を造(つく)ることを、生業とした集団のこと・・・

その歴史は古く、室町時代の日本庭園まで、さかのぼる。

そんな、時代の技術を紡(つむ)いできた業界に、

 

「足を踏み入れたくは・・・ないかい?

 

緒。